ハート

■時々クリックして応援いただけると嬉しいです⬇

→ <人気ブログランキング>

セックスの頻度が高いほど収入が高い傾向がある、という研究結果が話題になっているので、メモを取ってみました。

日本人は、セックス頻度が年45回という世界41カ国中で「最もセックスをしない国民」という一見不名誉(?)な結果となっています。

セックスと収入に相関関係があるのであれば、低下する一方の世帯所得の対策としてセックスの頻度を意識してみるのも面白かったりするかもしれませんね。

性生活頻度と満足度

 (以下、メモ)

Have more sex, make more money

New research on the relationship between sex and salary

http://www.marketwatch.com/story/have-more-sex-make-more-money-2013-08-17

 

・ケンブリッジ大学のシニア講師ニック・ドライダキス氏によると「週に4回以上セックスする従業員の方が、年収が5%高い」「セックスを全くしない従業員の年収は、セックスをする従業員よりも3%低い。」とのこと。

・2009年に発表されたブラジルの研究でもブラジル人従業員におけるセックスの頻度と年収は、相関性はあると結論を出した。

・ベバリーヒルズで働く精神科医キャロル・リーバーマンによると「セックスも高収入も自分への自信を深めてくれ、結果的によりセクシュアルな魅力も増し、仕事の機会も増える傾向があります。つまり、誰もが勝者になりたいという事です。」

・テキサス大学の経済学教授ダニエル・ハマーメッシュ氏の著書によると美しい人は、平均的な人よりも3〜4%収入が高い傾向があるとの事。

・パリのHautes Etudes Commercialesでマーケティングの教授を勤めるティナ・ロウリー女史によると「セクシュアルアクティビティーは、心身が健康である事の1つのサイン」だと。心身が健康なので、より魅力的で生産的な従業員であれるという解釈。

・ただしセックスをするから高収入、という相関関係も成り立つけれども反対の高収入だからセックスをする頻度も高いという相関関係も成り立つ、との事。

・ベバリーヒルズで働くセラピスト、フラン・ウォルシュ女史によると「成功を体験する程、リビドは高くなる傾向がある」「収入が低くなるとセックスの頻度が少なくなる傾向がある」との事。

(以上、メモ)

 

■関連記事

上手く行っているカップルが実践している10の秘密【1】

上手く行っているカップルが実践している10の秘密【2】

生涯賃金ランキングに見る女子力の凄さ。それ以上に怖い生涯賃金の減少。

日本の世帯収入

 

■時々クリックして応援いただけると嬉しいです⬇

→ <人気ブログランキング>