Justin Beaver

ジャスティン・ビーバーが、Shots of Meという10代向けのソーシャル・ネットワークに投資をした事が明らかになりました。

近日、アップルストアで公開されるそうです。

Fortuneによれば、ビーバーは、最近、110万ドルのシードラウンドをベンチャーキャピタリストであるシャービン・ピシュバー(Shervin Pishevar)やボクサーであるフロイド・メイウェザー(Floyd Mayweather)やエンジェル投資家のトム・マクラーニー(Tom Mclerney)と共に実施しました。

出典:CNN


彼が、Shots of Me に関わる事で間違いなく大きな波が生まれるだろう。というのもいままでRockLiveは、従来のマーケティング方法は、使った事がなく、代わりにユーザーからのインターネット上の口コミのみを活用してきたからだ。

出典:Telegraph

ロックライブ社の代表取締役ジョン・シャヒィディーによると「私たちは、ジャスティンが、弊社の製品を利用してその事についてツイートをしていた事から彼と知り合いになりました。彼は、私たちの製品に深く関わっていて、製品のテストやフィードバックを提供してくれています。他のソーシャル・ネットワークでは、得られないニーズに答え、インターネット上のいじめ等とも向き合えるティーネージャー向けのソーシャル・ネットワークを立ち上げたいと話したところ、彼の目が輝きました。

出典:Complex.com

ターム・シートによれば、ロックライブ社は、既に合計270万ドルをシード・ファンディングで調達しており、次の機関投資家に向けてのラウンドに向けての営業も開始している。

出典:thedomains.com

北米では、有名なアーティストや作家が、持ち前の知名度やセンスを活かしてベンチャー投資をし、成功する事例が出てきていますが、今後、この流れは、さらに加速していきそうです。

有名なアーティストや作家は、何もないところから自らのブランドを創り、それを世の中に売るという経験をしているため何もないところから会社を創るベンチャー起業家と通じるものがあるのかもしれません。