未分類の記事一覧

Africa

直近の新興国株式の売りで新興国投資に対して弱気になっている投資家が増えていますが、ブラックロックのラス・コスタリッチ氏は、両者は、異なるアセットなので、投資をする際にもその点を配慮した方が良いと主張しています。

「大事なお金を失わないために。投資をする前に知っておきたいフロンティア株式市場と新興国株式市場の3つの違いとは?」の続きを読む »

未分類

世界の人口

http://persquaremile.com/2011/01/18/if-the-worlds-population-lived-in-one-city/

■時々クリックして応援いただけると嬉しいです⬇

→ <人気ブログランキング>

このインフォグラフィックは、69億人と言われる世界人口総数が同じ1つの都市に住んだ場合、その都市の面積は、世界の既存の主要都市(パリやサンフランシスコやロンドン)と比べてみるとどれくらいになるのかを表したものです。

世界の人口は、今後も増加していくと言われています。

一説では、2050年には、世界人口は、100億人近くになると言われており、現在の数値から約1.4倍増えると予測されています。

日本は既に人口減少社会となっており、毎年、日本人の数は減っていますが、世界全体では、逆の方向に動いていると言えます。

そのため日本では、人口が減っていくことが政治家や経済人の悩みの種だったりしますが、海外の多くの国は、人口増加に伴う問題を抱えていると言えます。

人が増えるということは、住む場所から食料や水道やエネルギー等が生活インフラが必要となってますが、住む土地も食料や石油のエネルギーも「無限」に供給できるものではないので、需要が増えても供給が十分に出来なければ、「紛争」となる可能性すらあり、それを懸念していると言えます。

しかし、このインフォグラフィックを見る限り、パリやニューヨークのような大都市を拡大させていけば、69億人は、スッポリ米国の州1つや2つ分の面積内におさまってしまうということになりますから土地面積の心配はいらないのかもしれません。

大都市のようにたくさんの人が限られた面積の中で生活していくのは、実は、経済活動を考えるととても効率的な事だったりするので、今後も効率重視の現代人は、どんどん便利で快適な都市に集まっていきそうです。

実際、日本でも東京の人口は、日本全体の人口が減少する中でもまだ増加中であり、世界の多くの国家をも凌ぐ85兆円という大きな経済を東京都単体で保有するという希有な経済力を誇っていることがわかります。

人口の推移 - 日本経済のネタ帳

ということで世界人口69億人をパリ級の人口密度の街に集めてみたら意外にも小さな面積にスッポリおさまってしまう、というお話でした。

世界人口が増えても面積が足らなくなるということはまずは、なさそうですね。

■関連記事

日本人がもっと自慢してもいい世界に誇れる6つ強み

 

■時々クリックして応援いただけると嬉しいです⬇

→ <人気ブログランキング>

未分類

ハート

■時々クリックして応援いただけると嬉しいです⬇

→ <人気ブログランキング>

セックスの頻度が高いほど収入が高い傾向がある、という研究結果が話題になっているので、メモを取ってみました。

日本人は、セックス頻度が年45回という世界41カ国中で「最もセックスをしない国民」という一見不名誉(?)な結果となっています。

セックスと収入に相関関係があるのであれば、低下する一方の世帯所得の対策としてセックスの頻度を意識してみるのも面白かったりするかもしれませんね。

性生活頻度と満足度

 (以下、メモ)

Have more sex, make more money

New research on the relationship between sex and salary

http://www.marketwatch.com/story/have-more-sex-make-more-money-2013-08-17

 

・ケンブリッジ大学のシニア講師ニック・ドライダキス氏によると「週に4回以上セックスする従業員の方が、年収が5%高い」「セックスを全くしない従業員の年収は、セックスをする従業員よりも3%低い。」とのこと。

・2009年に発表されたブラジルの研究でもブラジル人従業員におけるセックスの頻度と年収は、相関性はあると結論を出した。

・ベバリーヒルズで働く精神科医キャロル・リーバーマンによると「セックスも高収入も自分への自信を深めてくれ、結果的によりセクシュアルな魅力も増し、仕事の機会も増える傾向があります。つまり、誰もが勝者になりたいという事です。」

・テキサス大学の経済学教授ダニエル・ハマーメッシュ氏の著書によると美しい人は、平均的な人よりも3〜4%収入が高い傾向があるとの事。

・パリのHautes Etudes Commercialesでマーケティングの教授を勤めるティナ・ロウリー女史によると「セクシュアルアクティビティーは、心身が健康である事の1つのサイン」だと。心身が健康なので、より魅力的で生産的な従業員であれるという解釈。

・ただしセックスをするから高収入、という相関関係も成り立つけれども反対の高収入だからセックスをする頻度も高いという相関関係も成り立つ、との事。

・ベバリーヒルズで働くセラピスト、フラン・ウォルシュ女史によると「成功を体験する程、リビドは高くなる傾向がある」「収入が低くなるとセックスの頻度が少なくなる傾向がある」との事。

(以上、メモ)

 

■関連記事

上手く行っているカップルが実践している10の秘密【1】

上手く行っているカップルが実践している10の秘密【2】

生涯賃金ランキングに見る女子力の凄さ。それ以上に怖い生涯賃金の減少。

日本の世帯収入

 

■時々クリックして応援いただけると嬉しいです⬇

→ <人気ブログランキング>

未分類

このビデオによると富豪上位200人が保有する270兆円の資産は、下位35億人が保有する220兆円よりも多く個人レベルでの経済格差が広がっているとの事です。

また、国家レベルでも格差は広がっていて200年前には、金持ち国家と貧乏国家の富の割合は、「3倍」だったのが、植民地主義が本格的な終焉を迎えた1960年代には、「35倍」となり、現在は、「80倍」にも達しているとのことです。

ビデオは、英語ですが、日本語の字幕機能があるので、日本語がやや変ですが、要点は、わかるのでオススメです。

未分類

あなたの収入や資産は全世界で何番目?Globalrichlist.com

全世界の中で自分の収入や資産は、何番目というのを比較できるGlobalrichlist.comというサイトがあります。

面白いので、日本人が定年になるまで働いて築ける資産が世界的に見てどれくらいなのかを調べてみました。

定年を迎える60代の単身世帯の平均貯蓄額とされる1,981万円(「平成24年 家計の金融行動に関する世論調査【単身世帯】)をGlobalrichlist.comの資産欄に入力してみると全世界の上位5.72%、全世界で2.62億番目と出てきました。

平均値だと上位層の資産が大きいと平均がつり上げられてしまうこともあるので、ちょうど真ん中にいる人を表す「中央値」も見てみました。60代単身世帯の貯蓄額の中央値は、1,206万円ですが、これだと全世界の上位7.99%、3.67億番目です。

どちらもかなり高いと言えますね。

我々は、日頃は、同じ日本人間で収入や資産を比較してみて多い少ないと判断をしたりするわけですが、一歩引いて人類全体で考えてみると違った視点で見れて面白いですね。

日本人として普通に貯蓄して定年を迎えることができれば、全世界的で上位10%に入る個人金融資産を築けるわけですからかなり魅力的な国だと言えます。

政府やメディアももっとこういった「日本は実は凄い」系の報道を増やしてもいいかもしれませんね。

ちなみに資産ランキングの方は、クレディスイスの45.6億人を対象とした調査レポートから算出しているそうなので、全世界70億人の中の末端の人口は含んでおらず、実際の全世界ランクは、もっと高くなるはずです。

世界は広いので、何でも上には上がいるものですが、下には下がいたりするのも事実なので、時には一歩引いて森全体を見てみるのも大切ですね。

未分類

日本では、97%のアフィリエイターは、月3万円以下の収入しかないという現状が報告されていますが、英語圏のアフィリエイターは、というとかなり潤っているようです。

2013年アフィリエイトサミットが公開した「Affstatレポート」によると回答したアフィリエイターの51.3%は、年間収入5,000ドル以上とのことです。単純計算で月416ドル以上の収入を大半のアフィリエイターが得ているという事になりますね。

2013年アフィリエイトサミット「Affstat レポート」

また、上位3%は、年間50万ドル(約5,000万円)以上の収入を得ているという事ですから日本のアフィリエイターの上位3%が月3万円、年間36万円稼いでいるのとはかけ離れた状態だと言えますね。

日本と英語圏のアフィリエイト広告市場のギャップは、100倍もないので、調査方法の違いが原因として挙げられそうですね。

「Affstatレポート」は、2013年アフィリエイトサミットに参加をしたアフィリエイターの内1,600人を調査をしているので、そもそも調査対象となっていたのが、厳選されたスーパーアフィリエイターだったということですね。

業界イベントへ数十万円の参加費用を払い参加できるくらいの経済的余裕や学習意欲を持ち合わせたアフィリエイターを対象にしているので、サラリーマンで片手間にやっているという人はおそらくかなり少なかったのではないでしょうか。

市場規模の差はあっても日本のアフィリエイト市場でもスーパーアフィリエイターはかなりの実績を挙げているので、公の統計でもそういった層も網羅していけると面白いですね。

未分類

アフィリエイトで月3万円以上稼いでいるのは、全体の2.4%

 日本アフィリエイト協会の「アフィリエイト市場調査2013」によるとアフィリエイトで月3万円以上稼いでいるのは、全体の2.4%との発表がありました。

調査方法としては、アンケートモニター7,209名の中からホームページやブログを保有している回答者を絞り(1,765名)、そこからさらにアフィリエイト広告を掲載している人(500名)を絞り込み「アフィリエイター」と位置づけた形になります。

そのアフィリエイター500名の中の2.4%が月3万円以上の報酬を得ていたという事は、約12人しか該当者がいなかったという事ですね。

該当者の数が、かなり少ないという印象を受けましたが、こういったアンケートに回答しているのは、時間がたくさんある稼げていないアフィリエイターで、実績を出しているアフィリエイターは、アンケートしている間にサイト作成やリンクビルディングでもしているのかな、と個人的には思いました。

経験年数は、意外と多いという印象を受けたので、2年以上アフィエイト経験のある318人(63.6%)の中で月3万円にも到達しているのがわずか12人というのは、やはりあまり魅力的な数字ではなく、「稼げる」という見通しを抱きづらいですね。

一方で月3万円以上稼いでいる12人の中の上位層の中には、月100万とか月200万円以上以上の報酬を得る「スーパーアフィリエイター」もいたはずので、「平均値」や「最高値」も調べることができれば、「やればできる」という希望も描けて良かったかもしれません。

日本の個人アフィリエイト業界も少数の勝者がパイの大半を持っていってしまうというWinner Takes Allな状態になってきていると言えますね。

アフィリエイト経験年数

 

未分類