シンガポールの記事一覧

Victoria Peak

海外銀行口座を考える上で最も安全かつ便利な地域は、香港とシンガポールだと言えます。

どちらもアジアの金融ハブとなっているため金融業界が発達しており、結果的にサービスレベルそのもののレベルが高い状態にあり、使い勝手が良いというわけです。

「ネット事業や貿易事業には、香港の銀行口座が便利」の続きを読む »

シンガポール, 海外銀行口座, 香港

Singtel

シンガポール・テレコムの第一四半期(2013年4月〜6月末)の決算が、2013年8月14日に発表されました。結果は、

■売上高42.93億シンガポールドル(−5%)約3,319億円

■EBITDA12.96億シンガポールドル(+4%)約1,002億円

■純利益10.11億シンガポールドル(+7%)約782億円

とそこそこの成績となりました。

EBITDAと純利益が、順調に伸びたのは、好材料でしたが、売上高が、−5%の下落だったのが残念でした。

また、今期の通期業績予想では、売上高、EBITDA、純利益共に一桁代のマイナス成長となる見込みを発表しており、全体的に「弱気」が感じられます。

シンガポールテレコム株価

過去10年以上のスパンで見てみるとシンガポール・テレコムの株価は、順調に上がってきていますが、今後しばらくは、今回のマイナス成長の業績予想が象徴するように低成長が続きそうです。

しかし、過去の実績もあり、シンガポールを代表する大企業でもあるので、安定した大企業銘柄としては魅力的です。

シンガポール・テレコム(STEL)は、SBI証券から購入できます。

ちなみにシンガポール・テレコムは、シンガポール最大の通信会社ですが、第一四半期のシンガポール国内の売上高は、5.57億シンガポールドルと国内の売上高の12.97%しかなく、オーストラリアを始めとしてアジア諸国への収益分散を上手に達成していると言えます。

シンガポールのように国内マーケットが小さい国では、海外展開は、「必然」であり、早い段階から動いてきたため国際展開が上手に出来ていますが、日本企業も国内マーケットがいよいよ縮小してきたという事もあり、海外への収益分散の「本気度」が高まってきていると言えます。

いざ、「本気」となれば、日本企業も日本人も変化に適応し応用するのは早いので、将来的には、国内収益がわずか10%という大企業も出てくるかもしれませんね。

シンガポール

ANZブルームバーグによるとオーストラリアのANZ銀行が50トンの金の貸金庫をシンガポールでオープンしました。

同行の香港やパースやチューリッヒに次ぐ貸金庫の倉庫となります。

ANZ銀行は、金の価格は、2014年に1,400ドル、2015年に1,500ドルとなるという強気な見通しを抱いています。

中央銀行の資産割合の中で金が占める割合はまだまだ少ないので、今後増やせる余地があるという考えなようです。

無制限の量的緩和で世界中でお札が刷られている中、金を始めとした貴金属の現物需要は日々、高まっていると言えます。

インドや中国は、既に世界最大級の金の買い手となっていますが、シンガポール政府も遅れまいと金の売買手数料を免税したり金の取引所を新たに開設する等で自国に金を誘致していこうという積極的な姿勢が伺えます。

人類史を振り返ってみると金が集まるところの文明は繁栄してきた経緯がありますが、シンガポールは人為的にそのような状態を創ろうとしていると言えるのかもしれません。

■関連記事

シンガポールに200トンの銀を保有できるMalca-Amit Global Ltd社の貸金庫がオープン!

インド、金(ゴールド)の輸入規制へ

チャイナマネーは、金(ゴールド)好き!2013年に生産される世界の金の50%は、中国へ?

シンガポール, 海外銀行口座

2012

ブルームバーグ社の「世界銀行番付」によると最も安全な大手銀行(資産1,000億ドル(約10兆円)以上)は、アジアでは、シンガポールと香港とマレーシアに集中しているとのことです。

「アジアの安全な大手銀行は、シンガポール3行(OCBC、DBS、UOB)と香港(ハンセン)、ブルームバーグによると」の続きを読む »

シンガポール, 海外銀行口座, 香港

800px-1000oz.silver.bullion.bar.underneath

シンガポールに200トンの銀を保有できる貸金庫施設が新たに今週オープン予定です。本日のレートで約12,700万ドル(約127億円)相当の銀(シルバー)を保有できる施設になります。

「シンガポールに200トン保有可能銀(シルバー)の貸金庫施設が今週オープン!」の続きを読む »

シンガポール