投資リターン

ナイトフランクのラグジュリー投資インデックス(KFLIIは、クラシック・カーやスタンプやコインといった各種実物資産のリターンをトラッキングしている機関から収集して統合した実物資産のインデックスです。

KFLIIは、過去10年間で+174%という投資実績を挙げています。同期間の金の投資リターン273%は上回らなかったもののFTSE100の実績は、+55%だったので平均的な株式投資と比べても魅力的な投資先だったと言えます。


KFLIIによると過去10年間の内、6ヶ月という期間の中でインデックスの価値が下落したのは、4回だけで、いずれも1%以下の下落だったとの事で、実物資産の価格は、安定して推移してきたという事がわかります。

一方で、実物資産は、株式と比べると流動性や透明性に欠け、売買コストも高いというデメリットもあります。

よく見られる投資パターンとしては、株式投資や自ら立ち上げた事業で磐石な経済基盤を築いた後にポートフォリオの分散という観点から実物資産を検討するというパターンが多いようです。

 ■過去10年間の実物資産別パフォーマンス

アンティーク家具             -19%

時計                  83%

中国陶器           83%

ジュエリー            146%

ワイン           182%

アート           183%

コイン           225%

スタンプ          255%

クラシック・カー      430%

KFLII            174%

金(ゴールド)        273%

FTSE              55%

PCL (ロンドン中心地不動産) 135%


■関連記事

実物資産投資の投資リターンを検証。過去10年間で一番リターンが大きかったのは、ビンテージカー。

ジム・ロジャーズ「金と原油は、まだまだ上がる」(戦争が起これば)