Bitcoin South Sea Bubble

出典:http://www.mebanefaber.com/

カンブリア・インベストメント・マネージメントのメベイン・ファーバー(Mebane Faber)によれば、現在のビットコイン(Bitcoin)価格の推移は、1720年にイギリスで起きた南海バブルのバブル崩壊前と類似していると指摘しています。

南海バブルは、奴隷貿易を行うイギリスの南海会社の株価が、1720年春から秋にかけて急騰し、暴落した事で起きた投機ブームでした。

あのアイザック・ニュートンも約2万ポンド(本日で約2億6,800万ポンド)被害を被った事でも有名です。


上のグラフは、ビットコインの価格(青)と南海株の価格(赤)のピークに至るまでのいままでの推移を表したものです。確かに似ていますね。

また、下記グラフでは、過去8ヶ月間のものとなっていますが、こちらも類似しています。

Bitcoin South Bubble

出典:http://www.mebanefaber.com/

そして、最後のチャートは、南海株のバブル崩壊後を表したグラフです。

Bitcoin South Sea Bubble 3

出典:http://www.mebanefaber.com/

アメリカでは、ビットコインが、どんどん取り上げられており、今後、ビットコイン価格が、100万ドル(約1億円)に達すると信じている人もたくさんいるようですが、そんな人たちに対してメベイン・ファーバーは、「過去には、こういったバブルもあったので、暴落する可能性も視野に入れておいて下さい」と警報を鳴らしています。

実際、過去にもビットコインは、急騰した後に大きく暴落した事が2回あるので、再度、暴落するかもしれない、という可能性は、視野に入れておくと良さそうですね。


■関連記事

ビットコイン投資への投資を考える。ビットライン価格は、2020年までに1,820ドルになる可能性がある?

ビットコイン(Bitcoin)ATMの流通量が早くも10万カナダドル(約938万円)突破!

ビットコイン(Bitcoin)を推奨するウィンクルボス兄弟の発言を聞いておいた方が良い2つの理由。