アテネ株式市場ドイツ銀行が、2013年10月の世界各国の株式市場や国債、為替、商品等から最も投資リターンが高かった商品をリストアップしています。

【1位】ギリシャ株式市場(ATHEX)(+17.2%)

【2位】イタリア株式市場(MIB)(+11.1%)

【3位】スペイン株式市場(IBEX 35)(+8.3% )

このように2013年10月は、「ヨーロッパの株式市場」が、為替や商品やその他株式市場と比べ最も投資リターンの高い投資対象だったと言えます。

ギリシャやイタリアやスペインは、ヨーロッパの中でも高失業率や高い政府債務対GDP比率に悩まされてきた国々ですが、株式市場は、順調に推移しています。

いままでのギリシャ株式市場の通年の投資リターンは、30%以上、イタリアやスペインの株式市場では、20%以上となっており、いままでの「失望」から一転して、これらの国々の成長への期待値が高まってきていると言えます。

サブプライムバブルの崩壊を予見し、大きな利益を挙げた事で世界的に有名となったジョン・ポールソンのヘッジファンドもギリシャ経済は、2014年から回復し始める事を見越してギリシャへ投資していますが、同じような考えの投資家が増えているのかもしれません。


■関連記事

ギリシャ経済は、2013年に大底を打って回復するというシナリオをジョン・ポールソンのヘッジファンドが描いているという話。