ギリシャの政府債務対GDP

ギリシャの財務省によるとギリシャの2013年1月〜7月の財政収支は、金利払いを除くと26億ユーロの黒字となり、計画していた31億ユーロの赤字を大きく上回る結果となりました。

金利の支払いを入れると収支は、19億ユーロの赤字となったものの、計画していた75億ユーロの赤字を大きく上回っての着地となります。

昨年同時期も金利の支払いを入れると132億ユーロの赤字であった事を踏まえるとギリシャ経済の再生は、進んでいると言えますが、金利の支払いが非常に重たいといった状況です。

ギリシャの既存政府債務対GDP比率は、159%(2012年時)と世界第二位となっており(世界一は、237.92%(2012年時)で日本)、日本のように低金利での資金調達が出来ないため金利払いが重たく押しかかってきているという状態です。

既存債務は、今でも金利払いを含めると増え続けているので、債権者との合意の上で「前向きなデフォルト」という選択も含め、膨らむ既存債務の抜本的対策が必要となってくるかもしれません。

ギリシャは、日本からは遠い国でかつ文化的親和性も少なかったりしますが、それでもギリシャ危機が注目を集めている理由の1つにギリシャ危機に見られる「国が破綻する過程」というのが、今後、過剰債務に陥った国々で再現される可能性があるからです。

ギリシャは、先に問題が表面化しましたが、他にも今は問題がないように見える国でも今後、ギリシャ化する可能性がある国もあるというわけです。

■関連記事

ギリシャ危機現在も静かに継続中。5月の若年者失業率64.9%に・・・

ギリシャ、1人で夜街を歩いて安全と思えるか?50%割る

ギリシャ、8,700億円の緊急融資確保