李嘉誠

■時々クリックして応援いただけると嬉しいです⬇

→ <人気ブログランキング>

 

ブルームバーグによると約270億ドル(約2兆7,000億円)の資産を保有すると言われるアジア一の富豪、李嘉誠(リー・カーシン)カナダ帝国商業銀行(CIBC)が50%ずつ出資をし共同経営をするCEF Holdings Ltd.は、金鉱山へ出資をしていく意向を発表しました。

出資金額や規模は、公開されていないものの既にUranium Energy Corp.Avanti Miningへの投資を終えたそうです。

Uranium Energy Corp.

Uranium Energy Corp. (UEC) – NYSE

Avanti Mining

Avanti Mining Inc. (AVT.V) – TSXV

CEF Holdings Ltd.のCEOであるギルマン氏は、「安全な地域に安価で金を預けるのが、難しくなってきている。金の需要に対して金鉱山の供給が追いついていない状態があり、今後、金価格が上昇する良い材料だと言える。」と述べています。

確かにインドの金購買欲中国の金現物需要は、どんどん高まっており、金価格も調整しながらも上昇トレンドにあるものの金鉱山の株価は、低空飛行を続けているのでチャンスと言えるかもしれません。

■関連記事

チャイナマネーは、金(ゴールド)好き!2013年に生産される世界の金の50%は、中国へ?

インド、金(ゴールド)の輸入規制へ

シンガポールで金の取引所「SGPMX」がオープン!

 

■時々クリックして応援いただけると嬉しいです⬇

→ <人気ブログランキング>