お金と幸せが比例に関してわかりやすく解説している動画を紹介します。

この動画によれば、お金を幸せが比例しているのは、北米の場合、年収7万5,000ドル(約750万円)までとの事です。

それ以上、年収が増えても日々の幸福感は変わらないとの事です。

理由は、人は、適応する動物なので、高い収入に最初は満足感を感じる事ができてもそれが日常になると物凄いスピードで新しい現実に適応してしまうからだそうです。

それでは、年収が一定レベルに達した後にどのように幸福感を得られるのかというと「お金を他人のために使ってみる」というのが、良いと提案しています。

お金を他人のために使っている人は、より高い幸福感を得ているという研究結果が出ているそうです。

例えば、慈善団体では、組織が寄付先を決めた時と同じ学を社員1人1人に主体的に寄付先を決めてもらった場合では、後者の方が社員の仕事のやりがいにつながったそうです。

お金を他人のために使う方法としては、「チャリティーとして寄付する」「知り合いにギフトを買う」等いろいろ選択肢がありますが、大切なのは、「他人のため(社会のために)にお金を使う」という事だそうです。

 一方でお金を自分のために使っている人は、幸福感が少ないというわけではないのですが、幸福感は、一定範囲内で推移しているそうです。

また、自分のためにお金を使う場合は、「モノ」よりも「体験」ににお金を使うと良いそうです。

例えば、何かのイベントに参加したり、旅行をしてみたりという「体験」です。

また、日々の「小さな体験」を積み重ねていくのも大切だと指摘しています。

「他人のためにお金を使う」というのが、「幸福感につながる」というのが、研究データとして出ているのは、興味深いですね。

現在、世界一の投資家として知られるウォーレン・バフェットが、長男のハワード・バフェットの財団に寄付をする等、慈善活動が流行っていますが、彼らのような大金持ちでなくてもより身近な輪の中で「他人のためにお金を使う」という事は、意識すれば実践していけそうですね。


■関連記事

ウォーレン・バフェットが大成功した理由は、「運」?

ブルームバーグ市長が語る起業で成功する5つの秘訣

仲良しカップルになる10の秘訣【1】

仲良しカップルになる10の秘訣【2】