top-10-busiest-air-travel-routes-of-2012

■時々クリックして応援いただけると嬉しいです⬇

→ <人気ブログランキング>

2013年の世界空港ランキングで知られるワールド・エアポート・アワーズでは、日本からは、羽田空港が唯一9位に入っています。羽田空港は、2012年には、14位だったので、9位というのは、ステップアップとなります。残念ながら成田空港は、上位10位には、入りませんでした。

■『ワールド・エアポート・アワーズ 2013年』

 2013  空港名

2012

 1 Singapore Changi Airport 2
 2 Incheon International Airport 1
 3 Amsterdam Schiphol Airport 4
 4 Hong Kong International Airport 3
 5 Beijing Capital International Airport 5
 6 Munich Airport 6
 7 Zurich Airport 7
 8 Vancouver International Airport 8
 9 Tokyo International Airport (Haneda) 14
 10 London Heathrow Airport 11

これは、外国人から見た世界の主要空港の最終評価と言えますが、この指標とは別に「世界の航路人気ランキング」(The Top 10 Busiest Air Travel Routes of 2012)を見てみると日本の航路がたくさん入っていたりします。

・2位 札幌←→東京 821万人

・6位 大阪←→東京 674万人

・7位 福岡←→東京 664万人

・9位 沖縄←→東京 458万人

世界で最も忙しい航路の上位10位の内4割を日本の航路が占めており、実は日本の航路は、世界的に最も利用されているという事がよくわかります。

航路は、国内便ばかりなので、海外からはあまり注目されていなかったりしますが、日本の電車網と同じように日本の航路は、世界的に利用頻度が高いということです。

このように国内インフラが非常に発達していても海外からは、注目されていないのは、勿体ないので、日本が世界に誇る強みは、もっと国内外で大きく報道して行っても良いかもしれません。

■関連記事

日本人がもっと自慢してもいい世界に誇れる6つ強み

世界から見た日本的経営の7つのメリットとは?

 

■時々クリックして応援いただけると嬉しいです⬇

→ <人気ブログランキング>