経常収支

出典:財務省

2014年3月10日に発表される日本の2014年1月分の経常収支が、1兆円の赤字となる見通しが出てきました。

経常収支は、貿易収支+サービス収支+所得収支+経常移転収支を合算して割り出される「国の儲け」を表す指標だと言われています。


日本は、長らく世界有数の経常黒字国でしたが、過去三年間で黒字幅は、急減していて、早々に経常赤字国に転落するトレンドが見えてきています。

■2011年 9.6兆円

■2012年 4.8兆円

■2013年 3.3兆円

経常赤字国となると一般的に国の借金を国内で消化しきれないと見なされ、国債が売られ、金利が上昇するリスクが高まります。

2014年度1月の経常赤字幅が、2013年度1月と比べて大幅増で着地した場合、2014年度中に経常赤字が固定化される可能性も出てきており、懸念すべき事態となりつつあります。