ジム・ロジャーズ

出典:Wikimedia-Commons

ETF.comによれば、ジム・ロジャーズは、日本の株価が、既に2倍になっていることについて「まだ最高値から60〜70%の領域」と強気です。

また、昨年株価が上昇したものの日経平均の最高値は、24年前だったことを述べており、ロシアの株式市場と並び、投資家が見落としている最も有望な市場だと指摘しています。

一方、アベノミクスについては、長期的には、日本のためにならないことだとしていますが、それまでの間、金融緩和による資金は、株式市場に向かう可能性が高いとしています。

「20年後には、日本にとって致命的だったのは、2012年〜2014年に安倍首相が行ったことだと振り返ることでしょう。」と述べています。


■関連記事

カイル・バス氏(Kyle Bass)「今、一番大きなバブルは、日本円の購買力」

カイル・バス氏「日本には、3年以内に深刻な国債危機が訪れる」

BNPによれば、アベノミクスが成功する確立は、わずか10%