Bitcoin MtGox

マウント・ゴックス(MtGox)のビットコイン価格は、暴落。

出典:BitcoinCharts.com

ビットコインの三大取引所で東京・渋谷に拠点を持つマウント・ゴックス(Mt.Gox)のサイトが開かない状態になっています。

また、同社のツイッター公式アカウントのエントリーも削除されています。

マウント・ゴックスは、2014年2月8日にビットコインの引出し制限を発表し、その後、2月17日には、引出し再開の見通しを発表していました。


今回の一連の出来事で同取引所のビットコイン価格は、現金への引出しが続いたためか(制限されていたのは、ビットコインの引出しのみ)暴落しており、他の取引所で500ドル前後の取引がされる中、100ドル〜200ドルで取引をされていました。

Bitstamp Chart

大手取引所Bitstamp.netのビットコイン価格推移。

出典:BitcoinCharts.com

引出し制限は、一時的なもので解決されるという見方もあれば、今後、同取引所は、破産及び事業閉鎖に追い込まれるであろう、という見方もある中、今回、突然、サイトが、事実上の閉鎖状態となっています。

マウント・ゴックス(Mt.Gox)が、今後、再開されるかどうかは、未知数ですが、「大手取引所」と言われるサイトでもこのように突然、告知無しに、開かない状態になってしまうのが、現状のビットコインの世界だと言えます。

■関連記事

ビットコインの三大取引所の1つマウント・ゴックス(Mt.gox)もビットコイン引出しを再開する見通しだと発表。ビットコインの引出し制限騒動も収束に一歩近づいたか?

ビットコイン価格が急落。大手両替所Mt.goxの引き出し制限が原因?