Bitcoin

ビットコインの最大取引所の1つで東京に拠点を持つマウントゴックス(Mt.gox)もビットコインの引出しを再開できる見通しだと本日、2月17日に発表をしました。

いつ復旧が出来るのかに関する具体的な期日には、触れていませんが、「近い内に再開できる」と発表しています。

また、20日(木)までには、遅くとも次のアップデートを発表するとしています。


今回の問題は、ビットコインを外部のウォレットへ引き出す際の問題でしたが、ブロックチェーン・ドット・インフォ(Blockchain.info)という大手ウォレットサービスのサポートを得て解決の見通しが立ったそうです。

2014年2月8日にマウント・ゴックス(Mt.gox)が、ビットコインの引出し制限を発表してからビットコイン価格は、下落を辿り、2月16日には、200ドル代まで下落していましたが、今回の発表を経て、現在は、400ドル前後まで回復しています。

bitcoin chart

ほんの一月前まで900ドル前後を推移していたことを振り返ってみるとビットコインの価格の変動幅が、激しいのが、伝わってきます。

今後、ビットコインが、仮想通貨として定着していけば、価格の変動幅は、時間と共に少なくなっていくはずですが、現時点では、悪いニュース1つで価格が急落してしまう脆弱さを持ち合わせていることを認識させられる一連の流れだったと言えます。


■関連記事

ビットコインの取引所ビットスタンプ(Bitstamp.net)がビットコインの引出しを再開。

ビットコインの主要取引所ビットスタンプ(Bitstamp)もDDoS攻撃を受けて資金引き出しの一時停止を発表。Mt.Goxに続く。

ビットコイン価格が急落。大手両替所Mt.goxの引き出し制限が原因?