マニラゴルフコース

英会話は、誰でもそれなりの時間を積めば身につけられるスキルだと言えます。

なぜ、英語を身につけた方が良いかというと英語を理解できる事により膨大な情報網にアクセスできるようになるためです。

日本語を日常的に話している人口は、日本の人口とほぼ同じなので、約1億2,000万人です。一方、英語の場合、約14億人と言われています。

つまり、日本語人口の約10倍以上は、英語堪能な人口がいるという事です。人口が多いという事は、その分、情報量も多いという事でもあります。

英語にアクセスできるようになれば、より多くの情報が手に入り、公使共に新たな世界が見えてくる可能性が高いと言えます。

また、10年後や20年後の未来を考える上でも日本語人口は、今後減少していきますが、英語人口は、今後、世界中でどんどん増えています。

なので、日本人一個人としては、既に日本語はできる以上、追加で英語も操れるようになっておいた方が公私ともにさまざまなチャンスが増えるのは、ほぼ間違いないと言えます。

といってもサラリーマンをしながら英語学習をするには、英語学校に通う手間等もあるので、学習方法としては、今流行のオンライン英会話スクールをオススメします。

オンライン英会話であれば、自分の都合の良い時間に自宅から実践英会話を学べます。

日本の中高大では、英語学習において読むのと書くのが結構重視されていますが、最も実践で生きてくるのは、スピーキングであり、英会話だと言えます。

最終的には、読むのも書くのも話せるのもすべてできるのが理想的だと言えますが、優先順位をつけていくとすればスピーキングを最優先で行うのが、「英語が話せる感」につながりやすいと言えます。

オンライン英会話であれば、スクールに通うよりも安価で英会話の体験を積んでいけるので、英会話力をブラッシュアップするための理想的な手段だと言えます。

以下、オススメのオンラインスクール情報です。

ワールドビジネスサテライトや産経新聞でも紹介の英会話「レアジョブ」

「レアジョブ」は、オンライン英会話事業で会員15万人を誇る業界No.1のサービスです。ユーザー満足度92%かつ81%のユーザーが英語力の伸びを実感しているという実績を出しています。

通常の店舗型英会話の場合、1回で数千円するものですが、レアジョブの場合は、1ヶ月毎日25分レッスンを受けたとしても5,980円と「格安」だと言えます。

英語は、他のスキルと同じく「結局何時間実践したのか」というのが学習のポイントとなるので、「5,980円」で「毎日25分」レッスンを受けられるのは、「とてもお得」だと言えます。

講師は、フィリピン人講師となり、フィリピンという人件費の安い国だからこそ現状の価格が成り立っていると言えます。

フィリピンという国は、日本ではあまり良いイメージが浸透していなかったりしますが、世界的には、急成長中の新興国として注目されています。

というのも英語がネイティブレベルでありながら人件費が安いので、フォーチュン500企業の業務のアウトソース先(BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング))として注目されており、現在、物凄い勢いで発展しています。

そんな事もあり、フィリピンの一流大学卒業者の中では、卒業後は、世界中の消費者が知っているフォーチュン500企業で働くのが華形コースだったりしますが、レアジョブでは、「フィリピンの東大」に相当するフィリピン大学の在校生を中心に集めているので、「講師の質」という点でも期待を裏切る事はないでしょう。

多くの人が満足しているので、まずは、オンライン英会話レアジョブの無料料体験レッスンをご自宅から受けてみられる事をオススメします。

失うものはレッスンの時間くらいですが、レッスンが良ければ、わずか5,980円で日々英語の実践時間を確保でき、海外の講師と対話しながら英語をどんどん上達していけるので、かなり魅力的だと言えます。


■関連記事

作家の年収も「市場規模」で決まる!大きな市場の方が高い年収を得やすいという普遍の法則。

金融資産30億円以上のHNWI(High Net Worht Individuals – 超富裕層)の興味深い4つの特徴

オンライン英会話をおすすめする3つの理由