日本の世帯収入を見てみると、中央値は、2011年時で427万円となっています。

平成23年世帯所得

「中央値」というのは、「平均値」とは違い100人いた場合、ちょうど真ん中の50人目の人の状態です。

「平均値」は、100人の合計を足して人数分(100人)で割るという計算方法で割り出しますが、これだと上位10人の合計が全体の平均値を大きく引き上げてしまうことがあるので、「平均値」よりも「中央値」の方が実態を的確に把握できることがあります。


実際、2011年の世帯収入の平均値は、538万円ですが、半分以上の世帯は、500万円以下なので、平均値538万円と捉えるよりも中央値427万円と捉えた方が現実に近い見方をできたりするわけです。

この中央値ですが、約10年前の2000年(平成12年)には、中央値も506万円もありましたから10年間で79万円も下落した事になります。

平成12年世帯所得

そのさらに5年前の1995年(平成7年)には、中央値550万円だったので、2000年までのわずか5年間で550万円から506万円へと44万円下がったということです。

平成7年度世帯所得

このペースで下降していくと10年後の2021年には、世帯収入の中央値348万円、2031年には、中央値269万円というシナリオもあり得る・・・と思ったわけですが、直近で下降傾向は、(一時的に)停まっているようではあるので、底を打ったという楽観的な見方もできないことはないかもしれませんね。


平成19年(2007年) 451万円

平成20年(2008年) 448万円

平成21年(2009年) 427万円

平成22年(2010年) 438万円

平成23年(2011年) 427万円

平成24年(2012年) 432万円

日本

SACキャピタルアドバイザーズ

NYマンハッタンで1.15億ドル(約115億円)の豪邸物件(マンション)One Beacon Court が売りに出されました。ブルームバーグビルの51Fのデュープレックスです。

2フロアで計約780平米なので、平米単価は、14.7万ドル(約1470万円)です。

「世界一高い115億円の豪邸物件(マンション)One Beacon Court(780平米)を所有するのは・・」の続きを読む »

アメリカ, ヘッジファンド

ギリシャ政府が、ユーロ、ECB、IMFから計68億ユーロの緊急融資を確保しました。

内訳としては、

●ユーロから25億ユーロ(7月決済予定)+5億ユーロ(10月決済予定)

●ECBから15億ユーロ(7月決済予定)+5億ユーロ(10月決済予定)

●IMFから18億ユーロ(8月決済予定)

となっています。

今回の資金調達で7月、8月で58億ユーロ、10月に追加で10億ユーロの確保見込みができたものの、ギリシャ政府は、8月に22億ユーロ相当の債務償還がある状態でもあります。なので、今後もギリギリの「綱渡り状態」が続きそうです。

ギリシャ68億ユーロ緊急融資決定

数日前までは、ギリシャ側で資金援助に伴う公約を厳守するつもりがないのであれば、資金要請に応じることは難しい強気なIMFでしたが、ドイツでメルケル首相の再選挙が2ヶ月後に迫る等もあり、最終的に総合的政治判断で実行が決まったものと思われます。

一時的に公営放送が遮断される等、政府資金が枯渇した際のパニック状態が垣間見られましたが、公共サービス停止の一歩手前の状態が今後も続くということですね。

直近では、米国のデトロイト市が債務不履行により実質破綻する等「会社」だけでなくそこそこ有名で規模もある「市」や「国」も破綻する時代になってきたといえます。

そんな時代に生きる「個人」としては、できる限りの対策を取った上で生活と資産をしっかり守りながら生きていきたいですね。

ギリシャ

昨日、ギリシャのサマラス首相は、「ギリシャは、この地域の中で唯一、オアシスのように秩序を保っている」と発言。

しかし、ギャロップ社によるギリシャ国民の調査結果を見てみると「今住んでいる街を夜1人で歩いても安全だと感じるか?」という問いへの返答結果は、50%を割っており、2005年から下降傾向にありますね。

ギリシャ安全

一国の首相の立場としては、どんなに大変な状況でも強気で自国のセールスを続けるのが「仕事」なので、事実と反していても強気のPRを続ける必要があるわけですが、実態としては、経済状況が悪化するギリシャは、治安も悪化しているようですね。

ただ、ギリシャで起きていることが今後、イタリアやスペインで起きてもおかしくない経済情勢なので、将来のイタリアやスペインやその他債務過剰先進国の未来統計として参考になるかもしれないなと思った次第です。

ギリシャ

アメリカの俳優マットデーモンがマイアミの豪邸を売りに出しました。

アメリカの不動産市場は、とても透明性が高いので、物件の住所がわかれば、いままで何回売買されてきてその時々の売買価格がいくらか、オーナーが誰かという事までわかってしまったりします。

日本では、売買契約内容は、当事者間と税務署だけが知っているわけですが、アメリカの場合は、インターネットの不動産情報サイトで誰でも調べられるというわけです。

だから、有名人であっても不動産を個人名で売りに出せば、いくらで買って現在いくらで売ろうとしているのか、どれくらいの固定資産税を払っているのかという事もわかってしまうわけです。

今回売りに出たマイアミの豪邸は、1120平米の土地にあるウォーターフロントの物件で寝室7室、バスルーム10室でした。

http://tinyurl.com/mn93xk3

マットデーモン豪邸

売出価格は、20億円ですが、2005年に14.5億円で購入しているので、売出価格は、5.5億円の含み益込みの価格です。

これを見て、マットデーモンは、自宅を購入する際にもしっかり転売益を狙える物件を選んだのだな、と個人的に関心しました。

また、売出のタイミングとしても現在のアメリカの不動産市場は、リーマンショック前の水準に戻りつつあり活気があるので、良いタイミングで売りに出しているといえます。

最終的な成約価格がどうなるのかは気になりますが、「マットデーモンが住んでいた家」というプレミアもつくので、購入当初の価格を上回る可能性は高いですね。

アメリカ全体では、フードスタンプ(生活保護の一種)の受給者が5,000万人近くとなり、いわゆる中流階級が物凄い勢いでどんどん貧しくなっていっている状態ですが、そんな中でも活躍するトップクラスの人たちは、賢く資産を運用し、どんどんお金持ちになっていくのだな、と思いました。

ちなみに日本でも生活保護の世帯は過去最高更新を続けていて一般家庭の平均所得は、右肩下がりで落ちていますが、やはり活躍している人は、分野を問わずに年収や資産を増やしていたりするので、日本でもアメリカでも下や横ではなく上を見ていくのが大切だなと思った次第です。

 

アメリカ