プーチン大統領

出典:Wikimedia-Commons

プーチン大統領が、1ヶ月振りに公式見解を述べました。この公式スピーチの最中、昨日11%下落していたロシアのMICEX指数は、5%上昇しています。

以下、ブルームバーグの報道のまとめです:

■ロシアによる軍事力の行使は、最終手段。

■ウクライナを今すぐ占領する必要性はないと考えている。

■軍隊を派遣したのは、最悪の事態を想定したため。また、ヤヌコビッチ前大統領にウクライナ内のロシア民族を守るよう依頼されたため。

■ウクライナの公式リーダーは、今でもロシアの同盟であるヤヌコビッチ前大統領。

■今回のウクライナの「革命」は、「違憲」である。

■ロシアは、ウクライナのクレミア地域を吸収しようとは考えていない。