過去1ヶ月間のビットコイン価格の推移

過去1ヶ月間のビットコイン価格の推移

出典:http://www.coindesk.com/price/

ビットコインの大手取引所をスロベニアから運営するビットスタンプ(Bitstamp)は、ハッカー集団によるDDoS(Distributed Denial of Service)攻撃を受けて、ビットコインの引き出しを一時的に停止した、と発表しました。

東京に拠点を持つ大手取引所、Mt.Gox(マウント・ゴックス)が、2月7日(金)に資金の引き出し停止を発表しましたが、それに続く動きとなります。

資金の引出して停止の理由としては、DDoS攻撃を受けたため、引出しの際に自社のビットコイン・ウォレットから挙ってくる内容が安定推移していないため、としています。

ソフトウェア上の改善が必要なので、2014年2月10日と2月11日にキャンセルとなった引き出し資金は、後ほど払い戻しされるとの事です。


ビットスタンプ側は、顧客資金に関しては、「失われたり、リスクにさらされているということはありません。」と念を押しており、「短い間に全ては、元に戻ると確信しています。」とも発表しています。

以下、ビットスタンプからの発表内容(原文)です:

Dear Bitstamp users
Bitstamp’s exchange software is extremely cautious concerning Bitcoin transactions. Currently it has suspended processing Bitcoin withdrawals due to inconsistent results reported by our bitcoind wallet, caused by a denial-of-service attack using transaction malleability to temporarily disrupt balance checking. As such, Bitcoin withdrawal and deposit processing will be suspended temporarily until a software fix is issued.

No funds have been lost and no funds are at risk.

This is a denial-of-service attack made possible by some misunderstandings in Bitcoin wallet implementations. These misunderstandings have simple solutions that are being implemented as we speak, and we’re confident everything will be back to normal shortly.

Withdrawals which failed on the 10th and 11th of February will be canceled and the amounts added back to the customer account balances.

We will communicate any further developments regarding this issue.

Thank you for your understanding!

Best regards
Bitstamp team


■関連記事

ビットコイン価格が急落。大手両替所Mt.goxの引き出し制限が原因?