Bitcoin

三大ビットコインの取引所の1つであるビットスタンプが、2014年2月12日からサイバー攻撃を受けてビットコインの資金引出しが出来ない状態が続いていましたが、2月15日に解決された模様です。

同社の発表では、ビットコインの技術は、まだ歴史の浅い技術であるため今回のようなDoS攻撃を受けることがあっても、コアの技術は、問題なく、こういった試練を乗り越えることでビットコインへの信頼も高まると述べています。


以下、原文:

Dear Bitstamp clients,
After rigorous testing, we have restored fully automated processing for Bitcoin withdrawals.

Unforeseen incidents like this DoS attack against an edge case in the Bitcoin protocol are to be expected with such a young technology. The core protocol remains sound and the world has seen how these incidents are addressed by the Bitcoin community. Every challenge that is successfully overcome is a milestone that allows the world to grow their confidence in Bitcoin.

We recognize that for many of clients the inability to make withdrawals may have been stressful and we are thankful for your patience and understanding.

Best regards,

The Bitstamp team

一方、ビットコインの三大取引所で東京に拠点を持つMt.Gox(マウント・ゴックス)でも資金の引出し制限が起きている模様ですが、こちらの方は、進展はないようです。

また、最後の三大取引所であるBTC-eでは、引き出し制限問題は、発生しなかったようです。