インフォグラフィックの記事一覧

Domain Names 101

インターネット上のドメインは、「ヴァーチャル不動産」とも言われていますが、ドメイン名に関する基本的な情報をDomainNameSales.comが「Domain Names 101」というインフォグラフィックで公開していました。

「人気ドメイン名の価格は、10年間で3倍になっているという事実。」の続きを読む »

アメリカ

米国不動産

■時々クリックして応援いただけると嬉しいです⬇

→ <人気ブログランキング>

米国の不動産価格は、 リーマンショック後に落ち込みましたが、2012年3月に底を打って以来反転し、再度上昇傾向にあります。

Realtytrac.comでは、不動産価格の上昇とそれが影響を与えるであろう住宅ローンを抱えたオーナーの負債、純資産状況を表しています。

●住宅ローンを抱えた全オーナーの8%(約370万戸)は、既存価格よりも住宅ローン残債が、−10%〜0%のオーナー

●住宅ローンを抱えた全オーナーの23%(約1,070万戸)が既存価格よりも住宅ローン残債が最低25%以上のオーナー

このインフォグラフィックをみると、住宅ローンを抱えている米国の自宅オーナーの約31%は、住宅ローン残債が、既存の物件の市場価格を上回っている「自宅の純資産がゼロかマイナス」という状態に陥っていることがわかります。

住宅ローンを抱えている世帯の約3割が全く住宅に純資産がないという状態であるため住宅価格は、昨年と比べれば回復しているとはいえ米国の一般国民の生活が決して回復していないという状況が読み取れます。

■関連記事

約7割の米国人は、金融危機後の政策は、貧困層や中流層や中小企業のためになっていないと感じているという調査結果

経済危機を経て強くなっている米国経済と弱くなっている一般米国民

世界で拡大中の経済格差の原因と対策

一等地の不動産は、やはり魅力的な投資対象という話。1960年に18,000ドルで買ったマンハッタンのタウンハウスが、2013年には、500万ドル(約5億円)に。

■時々クリックして応援いただけると嬉しいです⬇

→ <人気ブログランキング>

アメリカ

Real Hourly Minimum Wages Around The World

■時々クリックして応援いただけると嬉しいです⬇

→ <人気ブログランキング>

 

購買力平価調整済みの最低賃金26カ国で比較したインフォグラフィックが公開されました。

購買力平価というのは、物価指数を考慮した上で、実際にどれくらいのサービスや商品が購入できるのかというのを表した比率です。

例えば、最低賃金が10ドルの外国Aでは、1ドルのコーラが外国Bで5ドルで売っていた場合、外国Bの最低賃金が、同じく10ドルであっても外国Aの10ドルとは意味が違う(購買力が異なる)ことになるので、調整をしたのが、購買力平価調整済みの数値となります。

購買力平価調整済み数値で見てみると現地の物価を考慮した上で把握できるので、実態を把握するには便利な手段だと言えます。

以下、インフォグラフィックの内容の感想です:

26カ国中一番最低賃金が低いのは、メキシコで、購買力平価調整後で0.80ドル(中国は調査対象外となっている)でした。

一番最低賃金が、高いのは、ルクセンブルグで最低賃金は、購買力平価調整後で10.37ドルでした。

・オーストラリアは、最低賃金が16.60ドルで世界一高いと有名であるものの購買力平価調整後は、9.77ドルとなっていました。実は、オーストラリアの最低賃金は、一般的に言われているほどお得でない事がわかります

日本の最低賃金は、9.24ドルで、購買力平価調整後は、6.29ドルと丁度オーストリア(6.50ドル)同じくらいです。その他先進国(アメリカ(7.25ドル)、英国(8.24ドル)、フランス(10.17ドル)、オーストラリア(9.77ドル))と比べると日本の最低賃金は、先進国水準としては、安いと言えますね。日本の労働者は、最低賃金の主張をもっとする余力があると言えるかもしれません。

 

■関連記事

ニート63万人。ニート割合は、過去最高。でも、上昇は緩やか。

働かないでも確実に収入を得られる8つの不労所得の作り方。ロバートキヨサキによる

■時々クリックして応援いただけると嬉しいです⬇

→ <人気ブログランキング>

 

アメリカ, イギリス, イタリア, オーストラリア, 日本

世界の人口

http://persquaremile.com/2011/01/18/if-the-worlds-population-lived-in-one-city/

■時々クリックして応援いただけると嬉しいです⬇

→ <人気ブログランキング>

このインフォグラフィックは、69億人と言われる世界人口総数が同じ1つの都市に住んだ場合、その都市の面積は、世界の既存の主要都市(パリやサンフランシスコやロンドン)と比べてみるとどれくらいになるのかを表したものです。

世界の人口は、今後も増加していくと言われています。

一説では、2050年には、世界人口は、100億人近くになると言われており、現在の数値から約1.4倍増えると予測されています。

日本は既に人口減少社会となっており、毎年、日本人の数は減っていますが、世界全体では、逆の方向に動いていると言えます。

そのため日本では、人口が減っていくことが政治家や経済人の悩みの種だったりしますが、海外の多くの国は、人口増加に伴う問題を抱えていると言えます。

人が増えるということは、住む場所から食料や水道やエネルギー等が生活インフラが必要となってますが、住む土地も食料や石油のエネルギーも「無限」に供給できるものではないので、需要が増えても供給が十分に出来なければ、「紛争」となる可能性すらあり、それを懸念していると言えます。

しかし、このインフォグラフィックを見る限り、パリやニューヨークのような大都市を拡大させていけば、69億人は、スッポリ米国の州1つや2つ分の面積内におさまってしまうということになりますから土地面積の心配はいらないのかもしれません。

大都市のようにたくさんの人が限られた面積の中で生活していくのは、実は、経済活動を考えるととても効率的な事だったりするので、今後も効率重視の現代人は、どんどん便利で快適な都市に集まっていきそうです。

実際、日本でも東京の人口は、日本全体の人口が減少する中でもまだ増加中であり、世界の多くの国家をも凌ぐ85兆円という大きな経済を東京都単体で保有するという希有な経済力を誇っていることがわかります。

人口の推移 - 日本経済のネタ帳

ということで世界人口69億人をパリ級の人口密度の街に集めてみたら意外にも小さな面積にスッポリおさまってしまう、というお話でした。

世界人口が増えても面積が足らなくなるということはまずは、なさそうですね。

■関連記事

日本人がもっと自慢してもいい世界に誇れる6つ強み

 

■時々クリックして応援いただけると嬉しいです⬇

→ <人気ブログランキング>

未分類

ギャッツビー

■時々クリックして応援いただけると嬉しいです⬇

→ <人気ブログランキング>

「華麗なるギャッツビー」が、映画化されましたが、デカプリオが演じる「謎の大富豪」ギャッツビー(本名ジェイ・ギャッツ)は、どれくらいのお金持ちなのかを調べてみました。

フォーブスによるとギャッツビーの推定個人資産は、現在価値で10億ドル(約1,000億円)だそうです。しかし、フォーブスでは、肝心の計算方法等は公開されていないので、なぜ、1,000億円なのかはわかりません。

Nymag.comというサイトでは、ギャッツビーの収入と支出を小説からの情報を下にかなり細かく調査しており、その結果、次のような収入と支出を得ていたと推測しています:

■1920年〜1922年夏までのギャッツビーの収入(1922年の米ドル):100万ドル(違法アルコールの販売)+25万ドル(サイドプロジェクト10万ドル×2年間)=125万ドル

■1920年〜1922年夏までのギャッツビーの支出(1922年の米ドル):16.5万ドル(パーティー)+100万ドル(自宅(豪邸)の頭金)+16.1万ドル(ローンの返済額、1922年2月〜8月)+1.5万ドル(車)+1万ドル(ボート)+0.2万ドル(服)+2.5万ドル(その他)=137.8万ドル

このように支出の方が収入よりも上回っていることが考えられるため、ギャッツビーは、高収入だったものの支出も多く、経済的には、むしろ困っていたのではないかと結論づけています。

別途、英国のmyvouchercodes.comでは、ギャッツビーの課題な支出壁が現在価値で計算し直した場合どれくらいになるのかをインフォグラフィックにして公開しています。

ギャッツビー収入と支出

このインフォグラフィックによるとギャッツビーのようなライフスタイルを実現するには、現在価値で3,432万ドル(約34億3,200万円)の支出が必要との事です。

ギャッツビー自身は、高収入高支出タイプであった可能性が高く、この点がアメリカ国民の気質と近いところもあり、共感を得ているのかもしれません。

ギャッツビーは、空想の人物ではありますが、このように「お金の価値」(具体的数字)に換算してみるとより身近に見えてきたりする側面がありますね。

■関連記事

ブルームバーグ市長が語る起業で成功する5つの秘訣

ブラックストーングループの不動産部門代表が資産約1,000億円超えのビリオネアに

アメックス(AMEX)ブラックカード「センチュリオン」の条件・年収・メリットを掲載したインフォグラフィック

映画「ウォール街2」に見るマネーの流れ。若きトレーダー、ジェイコブ・ムーアのお金の使い方。

 

■時々クリックして応援いただけると嬉しいです⬇

→ <人気ブログランキング>

アメリカ

アメリカで一番の高級取りな公務員は、フットボールのコーチ!

http://deadspin.com/infographic-is-your-states-highest-paid-employee-a-co-489635228

■時々クリックして応援いただけると嬉しいです⬇

→ <人気ブログランキング>

 

スポーツ大国として知られるアメリカですが、スポーツは、ビッグビジネスとなっており、「コーチ(監督」という職業は、かなりの高給取りとなっていたりします。

上記インフォグラフィックは、全米の州の中で最も高給取りの職種をリストアップしたものですが、大きな州立大学の「フットボール・コーチ」や「バスケット・ボールコーチ」が、「学長」を飛越え過半数を占めていることがわかります。

年間収益が、1億380万ドル(約103.8億円)のテキサスの大学でフットボール・コーチを務めるマック・ブラウン氏の年収が500万ドル(約5億円)といった事例からも米国でのコーチというのは、実業家に近い位置づけだと言えるのかもしれません。

また、コーチの年収は、税金から拠出されているわけではなく、チームの売上から拠出されているので、雇用主こそ州立大学であっても納税者の負担が増えているわけではなさそうです。

ちなみに全米主要42校のフットボールのコーチの平均年収は、2006年の段階では、最低年収100万ドル(年収約1億円)でしたが、2012年には、最低年収200万ドル(年収約2億円)となっています。

アメリカでは、選手を管理し、チームを勝利に導き、結果的にチームの売上高も増やし、そこからコーチの給与を払っていくという非常に合理的な仕組みが成り立っていると言えます。

こういった仕組みは、本当に実力のあるコーチ(チームの勝率を上げて、チームの売上高も増やせるコーチ)が実業家やその他職種に安易に転身するのを防ぎ、フットボール業界に貢献し続け、かつフットボール業界の全体のビジネス規模を拡大させていくのに一役勝っているとも言えそうですね。

 

■時々クリックして応援いただけると嬉しいです⬇

→ <人気ブログランキング>

 

 

アメリカ

American Express Centurion Black Card Infographic from Credit Card Insider

アメックス(AMEX)のブラックカード「センチュリオン」に関するインフォグラフィックが公開され話題になっています。

アメックスのブラックカードは、完全招待制になっており、アメックス独自の基準で加盟者を選んでいるとされています。

審査基準の詳細は、公開されていないため確かな事はわからないものの、1年間以上アメックスを使用していて年間最低25万ドル以上のカード枠使用者が対象だと言われています。
インフォグラフィックによるとブラックカード保持者の「平均値」は、総資産1,630万ドル(約16億3,000万円)、年収130万ドル(約1.3億円)だそうです。

ただし、こういった富裕層向けサービスの場合、上位の層の資産や年収が物凄く高くなる傾向があるので、「平均値」は、全体を理解するにはあまりあてにならないかもしれません。

招待された場合、米国では、入会費7,500ドルに加えて年会費が2,500ドル必要となるそうです。また、日本の場合は、年会費は、4,550ドルとなっているようです。

香港のセンチュリオンカード

香港のセンチュリオンカード

加盟するメリットとしては、

●24時間年中無休のパーソナル・コンシェルジュサービスの利用

●世界中の主要なホテル(リッツ・カールトン、マンダリン・オリエンタル、フォー・シーズンズ等)でのプレミア・ステータスでの利用

主要自動車レンタル業者でのプレミア・ステータスでの利用

主要飛行機会社でプレミア・ステータスでの利用

といったものが挙げられています。

頻繁に出張をする人にとっては、コンシェルジュサービスや各種サービスのアップグレード(特にホテルのスイートへのアップグレード等)は、使い勝手が良く、費用対効果もかなり高いかもしれません。

また、出費も多い大金持ちがセンチュリオンカードを使用した伝説的エピソードはいくつもあり、

プライベートジェットを5,200万ドル(約52億円)で購入した人物の話

■ブラックカードでベントトレー(推定30万ドル)を購入した人物の話

■ヨーロッパのバイヤーに依頼されてケヴィン・コスナーが映画で使用した「馬」を見つけ出して購入した話

等が紹介されています。

いずれも「凄い話」ではありますが、実際に「事実」なのか「噂話」なのかは、わからないので、気になるところですが、「どちらなのかわからない」といったところもまたブラックカードの「伝説っぽさ」につながっているのだなと思った次第です。


■関連記事

グーグル(GOOG)の昨年の収入は、330.3億ドル(約3兆3,300億円)。97%が広告収入。

アメリカ

How Google Makes Its Money Image compliments of Best Accounting Schools

■時々クリックして応援いただけると嬉しいです⬇

→ <人気ブログランキング>

 

グーグル(NasdaqGS : GOOG)の昨年度の収入の内訳を公開したインフォグラフィックが公開されました。

グーグルの売上高は、330.3億ドル(約3兆3,000億円)となっており、パナマのGDPやその他31国の国家GDPを上回っている状態です。

時価総額も2,900億ドル(約29兆円)となっており、日本一であるトヨタ(時価総額約21.4兆円)をも上回っています。

グーグルは、1998年に設立されたばかりの若い会社なので、わずか15年間で名だたる世界規模の大企業を次々と追い抜いてきたと言えます。

売上高の97%は、インターネット広告収入となっており、70%が、企業がグーグル検索結果の広告枠に出稿できる広告プラットフォームであるグーグルアドワーズ30%が、枠を設けているサイトに出稿できるグーグルアドセンスとなっています。

GOOG (Nasdaq GS)

上場後の株価推移も概ね右肩上がりを続けている事からも投資家の評価も高いということがわかります。

今後もインターネットユーザーの数は、世界規模では増えていくのでグーグル(GOOG)は、長期投資用のインターネット銘柄としては、手堅いと言えます。

現在、P/Eは、25倍以上となっており、割安のバリュー銘柄ではありませんが、パイが拡大するインターネット業界で時価総額が、No.1であるので、今後も成長し続ける可能性が高いと考えられます。

グーグル(GOOG)は、マネックス証券楽天証券から購入可能です。

■関連記事

米国株購入で一番お得な証券会社はどこか?調べてみた。

あなたの親や恋人やあなた自身よりもあなたの事を知っているのは、Google?

ワシントンポスト誌の母体ワシントンポストカンパニー(WPO)について調べてみた。 

 

■時々クリックして応援いただけると嬉しいです⬇

→ <人気ブログランキング>

アメリカ

The Psychology of Poverty and Its Impact on Mental Health

Source: BestMSWPrograms.com

■時々クリックして応援いただけると嬉しいです⬇

→ <人気ブログランキング>

 

Bestmswprograms.comは、全米のソーシャルワークの修士号を比較するサイトですが、今回、貧困がメンタルヘルス問題を拡大しているというインフォグラフィックを公開しました。

インフォグラフィックで解説れている「貧困の連鎖」は、次のようなものです:

①お金がない → ②治療を受けられない → ③メンタルヘルスが悪化 →

④仕事もなくなる → ①お金がない・・・

この流れは、貧しさが貧しさを育む負の連鎖と言えそうですね。富が富を生む複利の力と真逆の状態だと言えます。

既に富んでしまった先進国では、ホワイトカラーの仕事が少しずつ減り待遇も悪化していく中で、今後、こういった「負の連鎖」に巻き込まれる人口は、増えていってしまうでしょう。

アメリカでは、メンタルヘルス問題への治療を受けられない一番の理由は、「お金がない」というものだそうです。

また、貧困ライン以下で生活している人の方が貧困ライン以上の生活をしている人の3倍メンタルヘルスの問題を抱える可能性が高いという事です。

「お金がない」という状態が、「貧困の連鎖」につながりやすいというのは、アメリカ以外でも見られる普遍的な現象だと言えるので、「経済」や「お金」や「投資」に関する知識をしっかり身に付け、自己防衛をし、着実に資産を増やしくのが賢明だと言えます。

■関連記事

働かないでも確実に収入を得られる8つの不労所得の作り方

 

■時々クリックして応援いただけると嬉しいです⬇

→ <人気ブログランキング>

アメリカ