シリアの記事一覧

ケリー

■時々クリックして応援いただけると嬉しいです⬇

→ <人気ブログランキング>

 

ケリー国務長官のシリア攻撃に関する失言が話題となっています。

ケリー国務長官は、米国は、シリアと戦争をしに行くわけではなく、化学兵器という脅威を取り除くために「信じられないほど小さな介入をするだけ」(Unbelievably small kind of effort)という説明をしました。

しかし、米国下院議員からしてみれば、「信じられないほど小さな介入」なのであれば、わざわざ米国が介入する必要もないのではないかという風に考えるわけです。国家安全保障上の危機なのでシリアを攻撃しなければならないという前提が崩れ、混乱に陥っているというわけです。

また、ロシア側は、機敏なことに化学兵器という脅威が問題なのであれば、化学兵器を国際社会の管理下に置けるよう全力でアサド政権を説得するとしており、アサド政権も前向きな姿勢を見せているとされています。

このままだと問題解決となってしまいシリア戦争もなくなってしまうため、ホワイトハウスは、化学兵器の引き渡し後の処置は検討するものの、アサド政権のいままでの経歴は信頼に足るものではないので安心・信頼できるかどうかわからないとしています。

こういった一連の流れから米国のトップは、「何としてでも」シリアへの攻撃を実施したいと考えているという事がわかります。

「アサド政権の化学兵器使用」という容疑は、「建前」で、実際のところは、シリアを経由してヨーロッパ各地に供給されているガスプロム(ロシア)のガス市場の覇権を崩したいという「本音」が重要だという事がわかります。

また、米国の国内問題としても「財政の崖」という財政問題が控えているので、開戦することで戦闘状態に持っていき、国内の財政問題では、合意しやすくなる可能性があります。

このようにアメリカも「正義のため」というよりも「自国の経済的利益のため」に動いているが現実なので、個人でも国家でもやはり経済を理解することが最も重要だと言えます。

「イラク戦争やアフガニスタン戦争の結果、若い人たちを戦地に送る事に反対している人がたくさんいるのも知っている。でも、今回は、そういう事を話しているわけではない。我々がしなければならないのは、これは、戦争の話ではなく、戦争に行くことではない、という事を明確に説明することだ。軍隊をリスクに晒すわけではない。軍隊を戦地に送ることなく、介入を長期化させることもなく、アサド政権に責任を求めるだけだ。とても制限された、とても特化した形でとても短期間でアサド政権の化学兵器の供給力を抑制することだ。シリアの内戦に関与することもない。そのための信じられないほど小さな努力だと言える。

■関連記事

アメリカがシリアと戦争をしたい本当の理由

ジム・ロジャーズ「金と原油は、まだまだ上がる」(戦争が起これば)

プーチン大統領「米国は、シリアを攻撃する正当な理由ない。国連の承認を経ない攻撃は、「侵略行為」」と発言。

シリア攻撃に関して米国議会の承認を得られなかった場合は?

 

■時々クリックして応援いただけると嬉しいです⬇

→ <人気ブログランキング>

アメリカ

米国議会

■時々クリックして応援いただけると嬉しいです⬇

→ <人気ブログランキング>

 

シリア攻撃において米国議会の承認が得られない可能性が高まっています。

米ワシントンポストの調査によると下院(定数435人)の中で「反対」又は、「反対に傾いている」議員は、224人「賛成」25人、「検討中」184人と比べても「反対派」の方が増えているという事がわかります。

オバマ大統領自身は、議会の承認が得られなかった場合、どのような判断を下すのかについて明言していません。

これに対して、オバマ大統領の側近は「議会の承認を得られなかった場合、シリア攻撃を断行する可能性は低い」と発言しています。

しかし、これとは反対に米国ホワイトハウスは、オバマ大統領には、米国憲法に従い、議会の承認を経ずとも攻撃を決断する権限があると主張しています。

また、オバマ大統領は、国連安保理事会の事を「身動き取れず、決断ができない状態に陥っている組織」と批判しており、「本当に化学兵器を世界から失くしていきたいのであれば、国際社会として(シリア問題に)介入していく必要がある。」と強く主張しています。

UN

このような状況なので、シリア問題がどう着地するのは、未知数ですが、オバマ大統領が国連安保理決議は、ほとんど重視していない事がよくわかります。

また、仮に議会の承認が得られなかったとしてもホワイトハウスとしては、オバマ大統領に憲法通り最終決定権を委ねていきたいと考えている事もよくわかりますね。

シリア攻撃においては、イギリスもその他EU諸国も賛同しておらず、米国オバマ大統領とフランスのみが孤立している状態ですが、果たして今後、順調に賛同者を増やしていけるのか、まさに目が話せない緊迫した状況だと言えます。

■関連記事

アメリカがシリアと戦争をしたい本当の理由

プーチン大統領「米国は、シリアを攻撃する正当な理由ない。国連の承認を経ない攻撃は、「侵略行為」」と発言

 

■時々クリックして応援いただけると嬉しいです⬇

→ <人気ブログランキング>

アメリカ

プーチン大統領

■時々クリックして応援いただけると嬉しいです⬇

→ <人気ブログランキング>

 

ロイターによれば、ロシアのプーチン大統領が、米国のシリア攻撃に関して「国連の承認を経てない中、米国議会がシリア攻撃を承認するのは、侵略行為である」と発言しました。

自己防衛は例外として国連の決議を経てない中で軍事力を行使するのは、すべて「Act of Aggression(侵略行為)」だと説明しています。

これは、かなり常識的な意見だと言え、共感できる日本人も多いのではないかと思います。

30年前は、共産主義国家として「世界の脅威」とされていたロシアの大統領が「かなり常識的な発言」を主張し、それに対して自由の国であるはずの米国を率いるオバマ大統領が、「(国連の承認がなくても)攻撃を」という過激な立場を取っているのは、滑稽な状況であり、時代の変化を物語っているとも言えます。

■関連記事

アメリカがシリアと戦争をしたい本当の理由

 

■時々クリックして応援いただけると嬉しいです⬇

→ <人気ブログランキング>

ロシア