ビリオネアの記事一覧

Court of Law

ビリオネア・ヘッジファンド・マネージャーとして知られるデイビッド・アインホーン氏が経営するグリーンライト・キャピタルが、欧米で人気の経済・金融情報サイト、シーキング・アルファ(Seeking Alpha)の投稿者情報を開示するよう裁判所に申請をしました。

同ファンドは、1996年の設立依頼、19.5%の平均年率リターンを挙げ(2013年7月までの期間)、現在は、約56億ドル(約5,600億円)を運用している成績優秀なヘッジファンドです。

「大手ヘッジファンド、グリーンライト・キャピタルが、人気金融情報サイト、シーキング・アルファー(Seeking Alpha)のユーザー情報を開示するよう裁判所に申請。」の続きを読む »

アメリカ

李嘉誠

出典:Wikimedia-Commons

最も裕福な華人として知られる李嘉誠(り・かせい、Li Ka-shing)は、フェイスブックが未公開企業だった頃に投資をしていますが、その投資は成功したのでしょうか?

ニューヨーク・タイムズによれば、李嘉誠氏は、運営する基金を通じて2007年11月に6,000万ドル(約60億円)、2008年3月に追加で6,000万ドル(約60億円)を出資し、フェイスブック株の0.8%を購入したとされています。

「香港の大富豪、李嘉誠氏が2007年・2008年に行ったフェイスブック株投資は、成功したのか?」の続きを読む »

香港

Sheryl Sandberg

出典:Wikimedia-Commons

日本でもベストセラー本となった「LEAN IN(リーン・イン)女性、仕事、リーダーへの意欲」の著者であり、フェイスブックのCOOでもあるシェリル・サンドバーグが、2014年1月21日(火)にビリオネアになったとブルームバーグが報じました。

「LEAN IN(リーン・イン、日本経済新聞出版)の著者シェリル・サンドバーグが、ビリオネアに!」の続きを読む »

アメリカ

Blackstone

出典:Bloomberg

世界最大のプライベート・エクイティー会社として知られるブラックストーン・グループが、3,207戸の戸建物件を購入し、その賃料を担保に4億7,900万ドル(約479億円)の資金調達に成功しました。

「世界最大のプライベート・エクイティー会社であるブラックストーン・グループが、米国不動産投資に本格参戦。米国不動産投資にチャンスあり!という事が「お墨付き」に。」の続きを読む »

アメリカ

ナチス

出典:Wikimedia Commons

ヨーロッパでナチスが収集し行方不明となっていた美術品を保有している約10億ドル(約1,000億円)以上を自宅に持っている老人が見つかりニュースになっています。

「自宅に10億ドル(約1,000億円)以上の旧ナチスの美術品を保有している老人が見つかったという話。」の続きを読む »

ドイツ

Champagne

出典:Wikimedia-Commons

Wealth-XとUBSのレポートによれば、金融資産10億ドル(約1,000億円)以上のビリオネアが保有する富は、2009年に3.1兆ドル(約310兆円)だったのが、現在は、6.5兆ドル(約650兆円)となったそうです。

「不景気でも順調。金融危機以降、ビリオネア層の金融資産は、2倍以上に。」の続きを読む »

アメリカ

iBillionaire

iBillionaireが、2013年11月13日にiBillionaire Index(BILLION)を正式にローンチします。

ビリオネア・インデックスの特徴は、有名かつ最も優秀なファンドマネージャーのポートフォリオ状況をトラッキングしていけるインデックスです。

「iBillionaireでウォーレン・バフェットと同じポートフォリオをあなたも組める?」の続きを読む »

アメリカ

デビッド・カッパーフィールド

フォーブスによれば、ラスベガスのエンターテイナー(イリュージョニスト)として知られるデイビッド・カッパーフィールド(David Cooperfield)が、もうすぐ純資産10億ドル(約1,000億円)の「ビリオネア」になりそうだとの事です。

「デビッド・カッパーフィールド、ラスベガスのマジックショーで純資産10億(約1,000億円)のビリオネア入り間近」の続きを読む »

アメリカ

フランクリン・テンプルトン

今世紀最大の銘柄選定力を持つと評価された故ジョン・テンプルトン氏(1912年〜2008年)は、約8,150億ドル(約81兆5,000億円)を運用する米国の資産運用会社フランクリン・テンプルトン・インベストメンツの創業者です。

「外国株・新興国投資のパイオニアであるジョン・テンプルトンが1960年代に日本株に投資した理由」の続きを読む »

アメリカ