不動産投資の記事一覧

Buffett

世界一の投資家と言われるウォーレン・バフェットは、株式投資でその富を築き上げてきたことで有名です。

しかし、そんなバフェット氏が、若い頃に手がけていた不動産投資の体験談について2014年度の株主報告書で語っています。

「ウォーレン・バフェットは、実は若いときに、ふたつ不動産投資をしていた。バフェット流、物件選定の秘訣とは?」の続きを読む »

アメリカ

米国不動産価格

米国不動産は、リーマンショック後に暴落し、その後、反転し、現在、回復中というのが、世間のコンセンサスとなりつつあります。

しかし、米国といっても広く、都市によって随分と地域差があったりするのも事実です。

「地域別に見てみると米国不動産価格は、街によって随分と違うことがわかるグラフ。」の続きを読む »

アメリカ

Blackstone

出典:Bloomberg

世界最大のプライベート・エクイティー会社として知られるブラックストーン・グループが、3,207戸の戸建物件を購入し、その賃料を担保に4億7,900万ドル(約479億円)の資金調達に成功しました。

「世界最大のプライベート・エクイティー会社であるブラックストーン・グループが、米国不動産投資に本格参戦。米国不動産投資にチャンスあり!という事が「お墨付き」に。」の続きを読む »

アメリカ

ハモサ・ビーチ

米国不動産投資に関する名著の1つである「BUY AND HOLD FOREVER」では、米国不動産で2,000万ドル(約20億円)以上の資産を築いたデイビッド・シューマッハ博士が、米国不動産の成功の秘訣について述べています。

「一等地の不動産が強いのは、世界共通。1963年にカリフォルニアのハモサ・ビーチにオーシャン・フロントの戸建てを買っていたらどうなっていた?」の続きを読む »

アメリカ

香港不動産価格

ソース:http://www.alsosprachanalyst.com/real-estate/real-estate-30-year-history-of-hong-kong-property-market-in-one-chart.html

サウスモーニングポストによれば、香港の不動産は、相変わらず大人気で80戸しかない新築コンドミアムのプロジェクトに1,600人もの応募があるほどの盛況振りだそうです。

「買われ続ける香港不動産。バブルは、いつ崩壊するのかわからないから難しい。」の続きを読む »

香港

中古ワンルーム2戸からはじめる家賃40万円稼ぐ黄金の法則

中古ワンルームマンションをリタイア後の生活資金や経済的自由の基盤をつくるために購入しましょう、という事を提唱している本が、かんき出版から2013年10月10日に販売されました。

著者の重吉勉氏は、中古ワンルームマンションの売買と賃貸管理を行っている株式会社日本財託の代表者なので、ポジショントークという側面は強いわけですが、それを考慮しても不動産初心者にとってかなりわかりやすく解説されている中古ワンルームマンション投資の良書だと言えます。

「中古ワンルームマンション投資の指南書、「中古ワンルーム2戸からはじめる家賃40万円稼ぐ黄金の法則」がわかりやすい」の続きを読む »

日本

マンション

マンション投資は、毎月安定した家賃収入をもたらしてくれる魅力的な投資です。

しかし、マンション投資で失敗している人が少なからずいるのも事実です。マンション投資での失敗事例でよく見られるのは、次のようなパターンです。

「マンション投資で失敗しないために気をつけたいポイント」の続きを読む »

日本

中国人富裕層

中国人富裕層は、オーストラリアやロンドンやカナダや香港やシンガポール等英語圏で法整備がしっかりされた国に投資をするのを好む事で知られていますが、その中でも一番人気の投資先は、アメリカとなっています。

「中国人富裕層の米国不動産への購入意欲も資金力も半端でないという話。」の続きを読む »

アメリカ