中国 PMI HSBCの記事一覧

中国購買担当者景気指数 (中国PMI)

■時々クリックして応援いただけると嬉しいです⬇

→ <人気ブログランキング>

中国HSBCから9月の製造業購買担当者指数(PMI)の速報値が、「51.2」だった事が発表されました。

ブルームバーグのエコノミストの予想中央値は、「50.9」だったので、期待値も上回った事になります。

製造業購買担当者景気指数(PMI)は、製造業の工場が、どのような生産計画でどのくらいの資材を必要としているかを表した指数で、景気動向を2ヶ月先行する指数として知られています。

■PMI50超:景気拡大(生産や受注が拡大)

■PMI50未満:景気後退(生産や受注が減退)

といった事になりますが、9月は、速報値が、51.2となったため、中国経済の生産や受注は拡大中だと言えます。

参考までに過去のHSBCによる中国PMI指数の推移は、次のような感じでした:

2月 50.4

3月 51.6

4月 50.4

5月 49.2

6月 48.2

7月 47.7

8月 50.1

2月〜4月は、「50」を超えていたものの、5月〜7月で「50」を下回り景気の後退が懸念されていましたが、8月の「50.1」に続き、9月は、「51.2」という速報値になり、再び、中国経済が活況を取り戻しているのがわかります。

中国理財商品中国不動産バブルの崩壊を懸念する専門家は、多く、潜在的なリスク要因だと言えますが、直近の5月〜7月で不安視されていた経済の急下降には、取急ぎ歯止めがかかった模様です。

今回、FRBが金融緩和を継続することになった事も10月から年末にかけてのPMI速報には、前向きな影響となるでしょう。

■関連記事

8月のHSBCによる中国PMI(中国製造業購買担当者景気指数)は、50.1。期待値以上。

みんなが悲観的な今こそ中国が「買い」である理由

■時々クリックして応援いただけると嬉しいです⬇

→ <人気ブログランキング>

中国

中国購買担当者景気指数 (中国PMI)

■時々クリックして応援いただけると嬉しいです⬇

→ <人気ブログランキング>

 

HSBCが発表した8月の中国製造業のPMI速報値は、50.1となり、エコノミストの予想中央値48.2を上回り、期待値以上の改善となりました。

製造業購買担当者景気指数(PMI)は、製造業の工場が、どのような生産計画でどのくらいの資材を必要としているかを表した指数です。

景気動向を反映していると言われており、GDPを2ヶ月先行する指標として投資家から重宝されています。

■PMI50超:景気拡大(生産や受注が拡大)

■PMI50未満:景気後退(生産や受注が減退)

といった認識のされ方をしていますが、8月は、速報値が、50.1だったため、市場心理は強気に転じたというわけです。

HSBCのPMI指数は、420社前後のメーカーの購買担当者の回答に基づいているとされています。

7月のHSBC製造業PMIは、47.7だったので先月比でも改善していると言えます。

また、昨年8月の製造業PMIは、47.6だったので昨対比でも状況は好転していると言えます。

■関連記事

中国、7月製造業購買担当者景気指数(PMI)は、期待値以上。

みんなが悲観的な今こそ中国が「買い」である理由

インドルピーの為替安が止まらない。ドルに対して今年で既に16%下落しているインドルピーの今後。

 

■時々クリックして応援いただけると嬉しいです⬇

→ <人気ブログランキング>

 

中国

中国購買担当者景気指数 (PMI)

中国国家統計局が、7月の公式製造業購買担当者景気指数(PMI)を発表しました。予想値「49.8」に対して発表は、「50.3」となりました。

予測値を上回ったことに加え、6月の「50.1」と比べても上昇しました。

製造業購買担当者景気指数(PMI)は、景気の先行きを示す指標のひとつであり、製造業の購買担当者に生産意欲等をアンケートして指数化したものです。

製造業購買担当者景気指数(PMI)は、製造業の工場が、どのような生産計画でどのくらいの資材を必要としているかを表した指数なので、景気動向を反映していると言われており、GDPを2ヶ月先行する指標として重宝されている指標だと言えます。

■PMI50超:景気拡大

■PMI50未満:景気後退

といった形で認識されていますが、今回は、「50.3」だったので、数字だけを見ると「景気拡大」だと言えます。

一方、中国HSBCもPMIを発表していますが、こちらは、「47.7」となっており、6月の「48.2」からの下落傾向となっています。HSBCのPMI指標を見る限りは、現状は、「景気後退」だと言えます。

HSBCの発表統計と中国国家統計局の発表統計の間には、「かなりの乖離」が発生しており、2つの「異なる現実」が報道されていることになります。どちらかがより的を得た数値でもう片方は的を得ていない数値となるわけですが、どちらが的確なのかは、時間が示してくれると言えます。

このように新聞やテレビやニュースで大きく報道される「公式報道」であっても比較してみると「全く違うことを言っている」という事はしばしばあるので、メディアは必ず一歩引いて冷静に見ていくのが大切ですね。

■関連記事

中国理財商品が危ない理由

中国, 統計