政府債務危機の記事一覧

カイル・バス

日本破綻論を展開することで知られる米国ヘッジファンド・マネージャーのカイル・バス氏が、CNBCへのインタビューで直近の日経平均の暴落について語っています。

「カイル・バス氏「アベノミクスはフロントエンドでは、成長を誘導できるのではないか」。日本破綻論は、以前と比べてトーンダウンしていた。」の続きを読む »

アメリカ

カイル・バス

日本の経済に対して悲観的である事で有名なヘイマン・キャピタル・アドバイザーズのカイル・バス(Kyle Bass)が、ヘッジファンド・アドバイザーであるスティーブン・ドロブニーのインタビューを受けています。

「カイル・バス氏(Kyle Bass)「今、一番大きなバブルは、日本円の購買力」」の続きを読む »

アメリカ

カイル・バス

ヘイマン・キャピタル・アドバイザーズを経営するヘッジファンド・マネージャー、カイル・バス氏が、2013年10月23日にFinancial Senseへのインタビューで日本経済の見通しについて語っています。

「カイル・バス氏「日本には、3年以内に深刻な国債危機が訪れる」」の続きを読む »

アメリカ

日本国債

第二次世界大戦中に発行された日本の戦時国債(戦争国債)

財務省は、日本の借金が2013年6月末時点で1,000兆円を突破していた事を発表しました。前年同月比に比べて32兆円の増加となっており、2013年末までには、1,107兆円になる見通しだそうです。

政府債務対GDPでは、日本は、不名誉ながら長らく「世界一」となっており、ここで1,000兆円という大台を突破した事で自己記録を更新してしまった事になります。

日本GDP推移

国債の推移(1982年4月以降)。赤が内国債、黄色が短期証券、青が借入金、水色が一時借入金。

一方で現時点の10年国債の金利は、0.76%という極めて低い水準にあるのも事実です。現時点では、投資家からの日本国債への信任は厚く、すぐに財政危機に陥る可能性はほとんどないと言えます。

しかし、モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメントの2012年12月のレポートにもあるように「いつ限界に達するのかわからない」「今のところ安定しているように見える日本の財政状況も突如として危機的状況に陥ることになる」という可能性が最大のリスクだと言えます。

日本の財政は厳しい状況にあり、財政赤字は今後10年間対GDP比9%付近で停滞することが予想され、財政赤字のファイナンスがいつ限界に達するか分かりません。日本の政府債務のほとんどは国内投資家によって保有されており、日本の銀行システムは、民間貯蓄を国の貯蓄不足にあてる媒体の役割を果たしています。日銀も増大する政府債務の買い手となり、日本のインフレが抑制されている限りは今後もJGBを買い支えるでしょう。日本が現在抱えている継続的な財政赤字と巨額の政府債務および赤字の問題は、先進国において前例のないものであり、日本の国内投資家も、このような極端な経済的不均衡を今後も続けられるのかと疑問を感じ始めるかもしれません。もし投資家がより高い名目利回りをJGBに求めるようになれば、今のところ安定しているように見える日本の財政状況も突如として危機的状況に陥ることになるでしょう。

 ■関連記事

キプロス大口預金者10万ユーロ超過分の47.5%は銀行株へ強制転換で合意

日本の政府債務のGDP比率は、太平洋戦争末期レベル

ギリシャ危機現在も静かに継続中。5月の若年者失業率64.9%に・・・

カイルバス「アベノミックスは、「最後の賭け」。でも随分遅過ぎた。」

日本

ムッソリーニとヒトラー

イタリアのムッソリーニとドイツのヒトラー

日本政府の債務GDP比率は、太平洋戦争末期レベルとなり増え続けていますが、イタリアの政府債務GDP比率も2012年に127%に達しており、不名誉ながらに世界第5位となっています(日本は不名誉な事に世界第一位)。

127%というのは、独裁者ムッソリーニが、1924年にファッシスト政権を確率した頃の水準と言われています。

政府債務GDP比率が非常に高い環境は、経済的課題が大きい脆弱な環境だと言えますが、そういった環境下では、国民生活は疲弊しがちで、疲弊感を打ち破るためにも合理的な解決よりも強力でわかりやすいリーダーシップを発揮し導いてくれる「独裁者」が求められるのかもしれません。

歴史は、螺旋のように廻ると言われており、一部学者の間では、70年周期で過去に起きた社会経済トレンドと似たトレンドが起きると言われています。

「政府債務GDP比率の肥大化」「独裁的ファシズムの台頭」等、戦前から数十年間先進国の間で本格的に表面化しなかった問題が一気に表面化しつつあり、70年前の社会経済トレンドが一部再現されつつあるのかもしれません。

既に日本では、憲法改正や国防軍の諸問題を巡り海外メディアからは、「ナショナリズムの再来」「戦前の日本軍の復活」という見方がかつてない程強まってきていたりしています。

70年周期説が正しい場合、日本やイタリアに待っているのは、「ファシズム」、そし「敗戦」となりますが、果たしてどのような未来が待っているのでしょうか。

S&Pの格付けでは、イタリア経済の評価、7月にBBB+ からBBB(BBB=「当該金融債務履行のための財務内容は適切であるが 、事業環境や経済状況の悪化によって当 該債務を履行する能力が低下する可能性がより高い。」)へ格下げとなっており、段階的に悪化していると言えます。

また、昨年イタリアのGDPは、1.9%縮小しており、2001年と比べてもイタリア経済は小さくなっていると言われており、今後のイタリア経済の成長が懸念される状況となりつつあります。

■関連記事

カイルバス「アベノミックスは、「最後の賭け」。でも随分遅過ぎた。」

日本の政府債務のGDP比率は、太平洋戦争末期レベル

イタリア, 日本

カイルバス

「サブプライムローン崩壊」「ヨーロッパ財政危機」を事前予測し空売りで巨額の利益を挙げてきたことで有名な米ヘイマンキャピタル代表のカイル・バス氏とベストセラー経済作家であるジョン・モールデン氏が行ったインタビューが公開されました。

「カイル・バス「アベノミクスは、「最後の賭け」。でも随分遅過ぎた。」」の続きを読む »

アメリカ