ロシアが軍事介入の承認を議会で取り付けたということもあり、世界中の注目が、ウクライナ情勢に集まっています。

そんな中、ウクライナの前大統領で現在、逃亡中のヤヌコビッチ前大統領の住まいが、想像以上に華美であることが話題となり、また、問題視されています。

この動画に撮影されているヤヌコビッチ前大統領の豪邸は、モナコの半分の大きさだと言われており、数億ドル(数百億円)で建設されたそうです。


その資金源の大半は、汚職により得たものだと言われており、ウクライナの平均世帯月収が、275ドル(約2.75万円)ということもあり、国民の反感を強めています。

海外には、独裁国家もあり、独裁国家の現実というのは、富が最上部にのみ集中し、国民は、経済的に困窮しているケースばかりです。

日本の民主主義という仕組みにも課題はたくさんあるものの、権力のチェック機能が存在しているということや富の再分配の詳細を議論できるという点等は、独裁国家と比べると良い仕組みだということに気付かされますね。


■関連記事

戦争前夜?ロシア、ウクライナへ軍事介入の承認を得る。