Coffee Arabica

出典:Wikimedia-Commons

シングルカップ用コーヒーの米国最大手コーヒーグリーン・マウンテン・コーヒー・ロースターズ(以下、GMCR)が、2013年9月28日締めの通期決算内容を2013年11月20日に発表しました。

■売上高4.358億ドル(2012年実績売上高3.859億ドル)

■フリーキャッシュフロー 6.03億ドル(2012年実績0.77億ドル)

■EPS(GAAP)3.16ドル(2012年実績2.28ドル)

■EPS(Non-GAAP)3.39ドル(2012年実績2.40ドル)

というすべての指標で昨年対比を上回っており順調な結果となりました。

同社の売上の92%は、キューリグ(Keurig)コーヒーシステム(Brewer)やK-Cupの事業者向け卸売販売から構成されています。

K-Cup

使用後のキューリグ(Keurig)Kカップ

あまり知られていない事ですが、同社は、既に全米のベバレッジ業界の中でも既に第5位に入る存在となっています。

【1位】コカ・コーラ    106億ドル(約1兆600億円)

【2位】ペプシ       105億ドル(約1兆500億円)

【3位】ドクター・ペッパー   28億ドル(約2,800億円)

【4位】ネスレ         23億ドル(約2,300億円)

【5位】GMCR         17億ドル(約1,700億円)

(2013年1月〜6月の半期実績に基づく。GMCR社作成。)


今後も成長を継続していく見込みで全米でのシェア拡大及び海外展開を視野に入れているようです。

2014年の見通しは、次のようになっています。

●2013年と比較して売上高では、一ケタ後半の成長

●EPS(Non-GAAP)は、3.75〜3.85ドル(2013年実績は、3.39ドル)

●フリーキャッシュフローは、2〜3億ドル(約200〜300億円)

ちなみに同社の株価は、2003年頃まで約1ドル前後で長らく取引されていましたが、2013年現在60ドル前後で取引されています。

GMCR

GMCR社の10年間の株価推移

出典:Yahoo Finance

約10年間で60倍の株価上昇となりました。

株式投資では、こういった成長株を上手に見極め採用していけるのかどうかの判断が、大切ですね。