Bitcoin Chart

出典:Bitcoincharts.com

ビットコイン(Bitcoin)の価格が、2013年12月5日から急落しています。

10月まで200ドル前後を推移していたビットコイン価格ですが、2013年11月に1ヶ月で価格は、1,000ドルを超え、1ヶ月で価格が、5倍以上になりました。

その後、1,200ドル前後で頂点に達し、12月5日以降は、急落しているという状態です。

今回の価格下落の背景にある理由としては、


●中国の中央銀行である中国人民銀行から中国国内の金融機関でビットコインの取扱いを禁止する通達があった事

●ビットコインの価格変動が激しいため、中国最大の検索エンジンであるバイドゥでの決済手段としてビットコインの利用を停止していくという発表があった事

等があると言われています。

ビットコインの価格の急上昇は、18世紀の南海バブルの崩壊前に似ているという指摘が、ありましたが、その指摘通り、暴落した事になります。

ビットコインの価格推移を見てみると過去にも2度、同じように価格が急騰し、暴落するといった流れを経ており、今回で価格の急騰と急落は、3度目となります。

過去2回に価格が急落した際にも「ビットコインは、終わった」といった批判が相次ぎましたが、暴落後もビットコインの利用は、水面下で広まっていったという経緯があるので、今回も一旦、価格の調整があっても、利用そのものは、進んでいく可能性が高そうです。


■関連記事

ビットコイン(Bitcoin)は、18世紀の南海バブルに酷似しているので、暴落も覚悟した方が良い、という指摘。

あるファンドマネージャーが述べたビットコイン(Bitcoin)に対して懐疑的な理由