Steve Madden

出典:Wikimedia-Commons

映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」にも登場したアパレルブランド「スティーブ・マデン」(Steve Madden)の業績が、好調です。

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」は、オークモント・ストラットンという証券会社を経営するジョーダン・ベルフォート氏(役:レオナルド・デカプリオ)が、起業をし、大成功するものの、その後、証券取引法違反等で服役する事になるまでの回顧録を映画化したものです。

その中で、当時、ウォール街の企業の中では、実績のなかったオークモント・ストラッテン社の業界内地位を向上させるために自社でのIPOを手がけようとして初案件となったのが、スティーブ・マデン社です。

スティーブ・マデン社を1990年に創業したスティーブ・マデン氏が、オークモント・ストラッテンを経営するベルフォート氏の右腕であるドニー・エゾフ氏(本名:ダニー・ポルッシュ氏)の同級生という事で話しがまとまったと描かれています。

このスティーブ・マデン氏ですが、証券取引法違反で2002年に同社CEOを退任しており、41ヶ月の服役が決定しており、2005年4月に出所しています。

代表が逮捕となり、その株式公開の主幹事を務めた証券会社(オークモント・ストラッテン)も閉鎖され、その代表も逮捕となっているので、スティーブ・マデン社ももう倒産してしまったか業績不振なのではないかと推測しましたが、意外にも業績は、順調でした。

■通期売上高2011年:6.35億ドル

通期売上高2012年:9.69億ドル

通期売上高2012年:12.27億ドル

通期売上高2013年:13.14億ドル


■通期純利益2010年:0.76億ドル

通期純利益2011年:0.97億ドル

通期純利益2012年:1.20億ドル

通期純利益2013年:未発表

このように過去4年間で売上高は、倍増しており、直近では、成長率が縮まってきているのが懸念材料ですが、総合的に好調かつ堅調だと言えます。

また、株式市場からもその事を評価され、株価は、上場以降右肩上がりで上昇しています。

Steve Madden Stock

出典:Yahoo Finance

創業者であるマデン氏は、現在、同社に株主として名を連ねるのに留まっており(少なくとも表向きには。実態は、わかりません。)、現在、個人名義で3,096,127株を所有しています。

スティーブ・マデン社(NasdaqGS:SHOO)は、現在、1株33.22ドルで取引されているので、約1.03億ドル(役103億円)を個人名義で保有している事になります。

スティーブ・マデン社が、安定成長し、株式市場からも評価されている状況を見ると逮捕に至ったものの創業者であるマデン氏には、組織を構築し安定成長させる非凡な才覚があったことが伝わってきます。

また、そのマデン氏と仕事をし、同じく逮捕に至ったベルフォート氏も今回の映画デビューでのカムバックを見るとやはり非凡な才覚があったのだな、と思った次第です。