Tesla

出典:Wikimedia-Commons

電気自動車事業を手がけるテスラ・モーターズ(TSLA)が2013年度通期決算を発表しました。

■2013年度売上高19.98億ドル(2012年度3.86億ドル)

■2013年度売上総利益4.56億ドル(2012年度0.3億ドル)

■2013年度純利益-0.74億ドル(2012年度-3.96億ドル)

■2013年度EPS-0.62ドル(2012年度-3.69ドル)

■2013年度営業キャッシュフロー2.58億ドル(2012年度-2.66億ドル)

期待値を上回る内容だったため、株価は、急騰し、一時的に210ドルに達しました。

TESLA

出典:Yahoo Finance

直近の決算で-0.74億ドル(約-74億円)の赤字となっているものの257.4億ドル(約2兆5,740億円)の時価総額がついているため、現在の株価は、高過ぎるという指摘も出てきています。


ドイツ銀行は、営業コスト上昇への懸念を挙げながらもターゲット価格を200ドルから220ドルへ引き上げています。

JPモルガンは、1株115ドルから137ドルへとターゲット価格を引き上げたものの慎重な姿勢を貫いています。

テスラ・モーターズ社の営業キャッシュフローは、既に黒字化しており、売上高の伸びも目覚ましいので、決算上で黒字化するのは、もはや時間の問題だと言えます。

現在の株価は、安くない水準に入ってきていると言えますが、10年単位の中長期スパンで見た場合、振り返ってみると妥当な株価となっているかもしれません。

同社は、既に電気自動車業界の世界的なブランドですが、今後、電気自動車の台数が増えるに従い、そのポジションは、増々、強くなっていく可能性が高そうです。


■関連記事

香港の大富豪、李嘉誠氏が2007年・2008年に行ったフェイスブック株投資は、成功したのか?