Domain Names 101

インターネット上のドメインは、「ヴァーチャル不動産」とも言われていますが、ドメイン名に関する基本的な情報をDomainNameSales.comが「Domain Names 101」というインフォグラフィックで公開していました。

ドメイン名が「ヴァーチャル不動産」と呼ばれる背景の1つに「タイプ・イン・トラフィック」があります。

これは、ユーザーがブラウザーに直接、そのドメイン名を入力し、検索エンジンを経由しないでサイトに訪れることを指します。

例えば、Diapers.comは、オムツの大手通販サイトですが、覚えやすいドメイン名だということもあり、グーグル検索をせずにブラウザーに Diapers.comと直接入力するユーザーが、月間1.06億人の訪問者の内なんと50%もあるとのことです。


このようなドメイン名は、ユーザーによる直接訪問が期待できるため見込み客を集客をしやすく、駅前の商業施設のように商業価値が高くなります。

現在、登録されているドメイン名は、1.38億件とのことですが、その内、このような「タイプ・イン・トラフィック」が期待できる「ジェネリック・ドメイン」(「プレミアム・ドメイン」)は、全体の5〜10%(約690万件〜1,380万件)しかないとのことです。

また、こういった「プレミアム・ドメイン」に関しては、価格が上昇しており、2001年頃には、平均価格が、6,000ドルだったのが、2011年には、約20,000ドルまで約3倍になっているとのことです。

「プレミアム・ドメイン」の2011年度の売買実績として、

●PersonalLoans.com 100万ドル

●Answer.com 55万ドル

●Puzzle.com 50万ドル

●BowlingBalls.com 22.5万ドル

●Frame.com 14.8万ドル

●Social.com 260万ドル

等が、挙げられています。

ドメイン名は、まだ投資対象と見られることは少ないですが、約1,000円前後の更新手数料がかかるだけで不動産のように固定資産税等の税金がないことやレジストラー間の移動がかんたんに出来る点は、魅力的ですね。


■関連記事

ドメイン名「BitcoinWallet.com」が25万ドル(約2,500万円)で売買決定!買い手は、テキサス州の起業家チャー・フェン氏。

米ヤフーが、sandwich.com等、100点以上のドメイン名をSedo.comのオークションで売却予定。