インスタグラムでわずか1年前後で70万人のフォロワーをつくった36歳の主婦がいます。

彼女は、ローラといい、@laurasykoraというハンドルネームでインスタグラムに自らのヨガのポーズを撮影し、投稿してきました。

大体1日3〜5枚のヨガ・ポーズを投稿しています。

ローラは、ヨガを17年前に始め、今では、日々、練習を欠かさないそうです。

いままでは、自分の部屋で練習していた様子をインスタグラムでも公開するようになり、オリジナルポーズや上級者向けのポーズ等も入っていたことからファンがどんどん増えていき、あっという間に70万人まで増えていったとのこと。

インスタグラムは、広告を大手有名ブランドにしか開放していないため、70万人のフォロワーは、ほぼ「自然増加」だと考えられます。

フォロワーの数が、爆発的に増えたため、高校生時代の親友で8万人のフォロワーをインスタグラムで持つマスミ(masumi_g)と共に起業を決意し、Two Fit Momsという会社を立ち上げています。

70万人へのリーチを持つということは、20年ほど前であれば、個人では、難しいことでした。

これは、法人で運営されているメディア企業が広告費を投下して初めて達成できた水準だったと言えます。


しかし、インターネットやモバイル端末が浸透し、インスタグラムのようなサービスが登場したことで自分が好きな活動の写真を投稿するだけで、共感してくれる人が集い、あっという間に媒体を構築できるようになりました。

70万人の人にリーチできるメディアを個人がつくれるようになった今、ヨガに関わらず、自分が興味があり、情熱を持てる分野の事を発信していけば、同じ興味を持った人に共感してもらえ、つながりをどんどん広げていけるようになりました。

本当に恵まれた時代ですが、発信をしなければ、変わらないので、自分の価値観や情熱を文字や写真や動画等で発信していくということが増々、大切になってきています。

■関連記事

インスタグラムで撮った写真をマシュマロに印刷して郵送してくれるサービス、Boomf.comが面白い!日本にも配送中。

ユーテューブ(Youtube)で月4万ドル以上(約400万円)稼ぐアメリカの18歳