リタイヤメント

仕事から解放される老後は、待ち遠しい。でも、老後生活を考えると生活資金の事もつい考えて不安に思ってしまう・・・

老後の不安は、世界共通の悩みと言えるかもしれません。ここでは、日米問わず誰もが抱く老後の不安を軽減するためアメリカで読まれているステップを紹介したいと思います。

Ten Steps To Get Your Retirement Back On Track

http://www.forbes.com/pictures/efik45emjjm/ten-steps-to-get-your-retirement-back-on-track-4/

1. キャッシュフローを把握しよう

老後のプランを固める際にまず必要なのは、収入と支出の管理。ファイナンシャルアドバイザーであるランスロバーツ氏によると収入の約3割は、貯蓄や投資にまわすのがオススメだそうです。

貯蓄

2.  豪華な生活習慣は捨ててしまおう!

老後の計画を達成するためには、支出を抑えるのも重要。支出は、内訳を見直してみると服や外食に意外と費用がかかっていた事に驚くかも。

3.  インターネットサービスを使って家計を管理するようにしよう!

Mint.comYouNeedABudget.comを使うと家計簿もインターネットで楽々管理できる!(日本の場合は、無料家計簿サイト zaim.net 等が有名

zaim.net

4.  401Kを有効活用しよう!

従業員のリタイヤメントに向けた資金と同額を雇用主が負担してくれることも。そういった制度が整っている場合、有効活用しましょう!

5.  自らの投資の実績を見直してみよう!

低い管理手数料で購入できる投資信託(例えば、フィデリティー社やヴァンガード社やT朗イー社等)は、一般的に良い選択肢。でも、もしも、管理手数料が1.5%以上の投資信託を購入していて S&Pの投資信託だったりするなら手数料分が勿体ないかも。

リターン

6.  市場の動きを読めると勘違いするのは止めよう

株価を読もうと思っても難しいので、定期的に投資する習慣を身につけた方がいい。「常に投資をして定期的に買う事を続けていれば一定の割合は安値で必ず買えるもの。」というのはファイナンシャルアドバイザーであるメアリー・マルゴア女史。

7.  何かあった時のためのエマージェンシーファンドを創ろう!

無職になったり家族が病気になったりするような「万が一」の状態に備えて3ヶ月〜6ヶ月の資金は現金で持っておこう。ファイナンシャルアドバイザーのランス・ロバーツ氏によると「現金を持っておくのはとても大切です。ピンチになっても投資した分は取り崩す必要がないよう準備をしておくのが大事です。」とのこと。

現金

8.  不必要な冒険をするのはキッパリ止めよう!

資産を拡大させるための戦略を考えるのは大切だけれど、一番、重要なのは、元本を減らさない事。魅力的な投資機会を見送らなければならない事があっても、それは、元本を30〜40%減らす事に比べたら楽な事。

9.  パニックしないよう気をつけよう!

感情に左右されて投資判断をすると負の深みにハマってしまうことも。投資判断は、冷静に。

パニック

■関連記事

「老後ハッピー」と「老後難民」の分け目は、計画をして達成する目標達成力?

働かないでも確実に収入を得られる8つの不労所得の作り方