Virgin America

出典:virginamerica.com

2014年度のエアライン・クオリティー・レポートによれば、アメリカ国内のエアライン・ランキングには、昨年に続き、第1位にヴァージン・アメリカが選ばれました。

また、全体としても、1991年以降で最高のスコアを記録したとのことです。

ランキングは、次の通りです:

1位:ヴァージン・アメリカ

2位:ジェットブルー

3位:ハワイアン

4位:デルタ

5位:アラスカ

6位:エンデバー

7位:USエアウェイズ

8位:サウスウェスト

9位:アメリカン

10位:エアトラン

11位:フロンティア

12位:ユナイテッド

13位:エクスプレスジェット

14位:スカイウェスト

15位:アメリカン・イーグル

アメリカの航空会社のサービス水準は、あまり高くないことで知られていますが、今回1位に選ばれたヴァージン・アメリカもSKYTRAXの世界ランキングを見てみると第29位となっており、国際的には、決して高い評価を受けているわけではないことが、わかります。

アメリカでは、評価されても世界では、評価されないといった「ズレ」が、アメリカと世界の間で拡大しているのかもしれません。

AirlineSkytrax 2出典:worldairlineawards.com

スポンサーリンク