Bitcoin

出典:Wikimedia Commons

シリコンバレーの名門ベンチャーキャピタル(VC)として知られるアンドリーセン・ホロウィッツ(Andreesen Horowitz)のパートナーであるクリス・ディクソンが、コインデスクへのインタビューでビットコインの未来について語っています。

シリコンバレーの名門VCの見通しが毎回当たるわけではありませんが、いままでのインターネットサービスの多くの原型を早い段階で見出し投資をし、結果、外れもありながらも現在のインターネット業界の形作りに大きく貢献してきているのも事実です。

我々が日常的に使っているアマゾンやヤフーやスカイプなどのインターネットサービスやそのローカル版は、シリコンバレーのVCがリスクを取り先行投資をしてこなければ、今、存在していなかったかもしれません。


そんなシリコンバレーVCの中でも名門と言われるアンドリーセン・ホロウィッツのパートナーが、ビットコインの未来について語っているので、主要な点をメモしてみました。

Silicon Valley VC Thinks a Single Bitcoin Will Be Worth $100,000

http://www.wired.com/wiredenterprise/2014/01/chrisdixon/

(以下、メモ)

・「1993年にドメイン名1つが1,000万ドル(約10億円)になると予言するのは、おかしなことだった。」

・ドメイン名は、90年代には、価値がなかったが、10年後には、一部のドメイン名は、数百万ドル(約数億円)の価値を持つようになっていた。

・現在、アンドリーセン・ホロウィッツの投資先のIT企業は、「平均的なドメイン」を取得するために20万ドル(約2,000万円)を使うのは、普通。

・過去を振り返ってみると1993年に出来た一番良い投資は、グーグルでもアマゾンでもなく、「インターネットのドメインを買う」ということだった。

・ビットコインが、ネット決済の主要な手段として定着すれば、1ビットコイン10万ドル(約1,000万円)という価格も見えてくる。

(以上、メモ)

90年代にドメイン名への投資が良い投資だったというのは、事実で、当時普通の英単語で「.com」を取得してれば、10ドル前後の投資が10年後には、何百倍、何千倍になっていた可能性が高いです。

しかし、ドメイン名は、そもそも1つ1つが異なっている固有なもので、ビットコインのような仮想通貨との比較はあまり説得力がないですね・・・

ということであまり根拠のない楽観的な見通しだと言わざるを得ないところがありますが、取急ぎ、アンドリーセン・ホロウィッツ及びディクソン氏は、ビットコインの未来には、かなり強気だということです。

現在のビットコイン価格もディクソン氏によれば、まだまだ大バーゲン価格だと見ているようです。


■関連記事

ウィンクルボス(Winklevoss)兄弟が、米国の人気掲示板サイト、レディット(Reddit.com)でまビットコイン(Bitcoin)に関して言及。

ビットコインは、これから100倍になるかもしれない?というウィンクルボス兄弟の強気な見通し。