Bill Maris Home出典:http://www.realtor.com/realestateandhomes-detail/749-Webster-St–B_Palo-Alto_CA_94301_M14036-02451

グーグル・ベンチャーズのマネージング・パートナーを務めるビル・マリス氏の自宅が284.9万ドル(約2億8,490万円)で売りに出ており、アップル社のCEOであるティム・クック氏の自宅であるコンドミニアム(マンション)が隣にあるという事で話題になっています。

マリス氏の売出中の自宅は、2010年築で4ベッドルーム、3バスルームで土地面積348平米、建物面積192平米だそうです。

Bill Maris 2

リアルター・ドットコムによれば、マリス氏は、2010年に198万ドル(約1億9,800万円)で自宅を購入しているので、アメリカの不動産価格が底値だった良い時期に購入した事になります。


本業である投資の手腕を個人の生活でも上手に発揮している様子が伺えます。

Bill Maris 3Bill Maris 4

ちなみに隣人となるクック氏が率いるアップル社は、2013年にフォーブス誌に世界で最も価値のあるブランドに選ばれているため、クック氏は、世界で最も価値があるとされている企業ブランドを率いる「ボス」という事になります。

Tim Cook

出典:Wikimedia-Commons

リアルター・ドットコムによれば、ティム・クック氏は、約195平米ある自身の自宅マンションを2010年に190万ドル(約1億9,000万円)で購入したそうです。

約1億9,000万円のマンションというと普通のサラリーマンからすれば高値の花である事も多いですが、世界一のブランド価値のある組織を率いる「大社長」であるクックCEOの立場を考えると実は、「かなり質素な住まい」とも捉えられます。

アップル社の創業者であり亡きスティーブ・ジョブスも質素でシンプルな生活を営む事で知られていましたが、そのディー・エヌ・エーがクック氏にも受け継がれているのかもしれません。


■関連記事

スナップチャット(SnapChat)の共同創業者のボビー・マーフィー(Bobby Murphy)が、210万ドル(約2億1000万円)でカリフォルニア州ベニスに209平米の自宅を購入!

映画「ウルフ・オブ・ウォール・ストリート(ウォール街の狼)」に登場するペントハウスが、649.5万ドル(約6億4,950万円)で販売中!