Apple Store アップルストア

Appleinsider.comによれば、アップルストアの既存店の売上高が、2013年9月には、昨対比で3.3%減少しました。

2013年6月の-9.6%と比べると回復傾向にあるとはいえ、既存店に以前ほどの勢いが見られなくなってきたのも事実です。

理由としては、iPhoneやiPadを購入する際に消費者がアップルストア以外の小売りで購入をしている事が挙げられます。


アップルストアは、現在、成長の壁に直面していますが、2002年から2013年を振り返ってみると平均年間成長率は、15.9%となっており、大成功を収めきた事業だと言えます。

また、アップル全体としても成長の壁に直面し始めていると言えますが、それでも直近3期の決算情報を見る限り既存店の減益を上回る勢いで拡大できていると言えます。

2011年9月24日 売上高1,082億4,900万ドル  純利益259億2,200万ドル

2012年9月29日 売上高1,565億800万ドル     純利益417億3,300万ドル

2013年9月28日 売上高1,709億1,000万ドル  純利益370億3,700万ドル

今後、成長余力があると言われているのは、中国本土でのアップルストアの展開で、こちらを今後、本格展開していく模様です。


■関連記事

アップル、世界一利益の出ているモバイルメーカーの座をサムスンに奪われる