Bill Gates

出典:http://www.thegatesnotes.com/

ビル・ゲイツが、米国の大手掲示板サイト、レディットで「何でも質問してください(Ask me anything)」というスレッドでユーザーからの質問に対応しています。

面白かったので、いくつか印象に残った質疑応答をメモをしてみました。

投資の秘訣についても一番最後で語っているので、是非見てみて下さい。

(以下)

■20年前のビル・ゲイツと今日の違いを教えて下さい(時間を除くと)?

20年前は、オフィスに何日もいてその事について疑問を持つことはありませんでした。体力もあったし、ナイーブだったとも思います。今は、昔と比べて落ち着いて、多少、賢くなっている、と願っています。

■ロールモデルは?

貧しい国での活動に人生を捧げ、あまり注目されない中、凄い仕事をやっている人たちです。そういった人に会う機会がありました。


■今、コンピューター・サイエンスの学生だった場合、真剣に追求したい分野は?

最高なのは、学習するコンピューターです。ディープ・ラーニングと呼ばれているものは、マイクロソフトで始まり、現在は、多くの研究者の間でも利用されていて、自動学習に向けての大きな一歩でした。特にビデオやオーディオの認知では、過去の3年間で大きな飛躍がありました。

■今日の起業家は、ビジネスと慈善事業のバランスをどのように取れば良いと思いますか?

イノベーティブな会社を創ること自体が、世界への貢献です。20代や30代は、私は、そのことにだけ集中していました。理想を言えば、マーク・ザッカーバーグのようにキャリアの早い段階で慈善活動を盛り込めるでしょう。シリコンバレーの起業家と話しをしていて彼らが早くからギブバックの精神を持っていることに感心しています。

■どのスマホを使っていますか?

Surface 2 PROを使用していて満足しています。

■ポリオを世界中で撲滅するのにどれくらい近づいていますか?

随分と近づいています。インドでは、3年間、発症事例がありませんでした。パキスタンは、タリバンがワクチンの供給を許可しておらず、攻撃に出る事もあったため難しい地域となっています。しかし、誰も自分の子供が麻痺してしまうのは、避けたいものなので将来的に解決できる問題だと希望を持っています。ポリオのキャンペーンが、問題なく進んでいるかどうかの確認に時間を割くようにしています。こういった活動をナビゲートしてくれる優秀なコンピューター・モデルに随分と助けられています。

■年収10万ドル以下の人向けのパーソナル・ファイナンスのアドバイスは?

自らの教育に投資をしましょう。

(以上、メモ)

年収10万ドル以下の人は、まず、自分に投資をすべきだ、と答えています。

年収10万ドル以下の人というのは、社会人サラリーマンの大半なので、ほとんどの人は、まず、自己投資が、大切だということですね。

おそらく、自分の教育に投資をすることで世界観やスキルや人脈も広がり、最終的に金銭的にも恩恵を被ることが出来る、ということではないかと思います。

自己投資が一番の投資というのは、よく言われている事ですが、あのビル・ゲイツもそう考えているというのは、響きますね。

■関連記事

「世界は、どんどん良くなっている」ビル・ゲイツ

ビル・ゲイツがオススメする7冊の本(2013年版)。ただし、日本語訳は、3冊のみ。