フェラーリ

ビジネスウィーク(Businessweek.com)によれば、中国の157人のビリオネア(10億ドル以上の金融資産を保有している超富裕層)の10人中9人は、一代で財を築いており、一代で財を成している比率は、世界で最も高いものとなっています。

中国のビリオネアの平均年齢は、53歳となっており、世界平均よりも9歳若い状況です。


また、高級消費材の購入者も若い傾向があり、例えば、フェラーリの購入者の平均年齢は、中国では、32歳、米国では、47歳となっています。

何もないところからでも事業で成功して豪華なライフスタイルを歩める、というのが、アメリカンドリームの物語でしたが、今や、アメリカよりも中国の方が、そういった夢を見やすい国となってきているのかもしれません。

一方、日本では、お金やモノへの欲求がトーンダウンしてきており、そもそもフェラリーを買いたい、といった欲望を持った若者人口も高度成長期やバブル期と比べると随分と減ってきているように感じますね。


■関連記事

中国人カップルの婚約指輪の31%は、ダイアに。90年代は、ゼロだったので、急増中。

金融資産30億円以上のHNWI(超富裕層)の興味深い4つの特徴(ナイト・フランク社2013年ウェルス・レポート(Wealth Report 2013, Knight Frank)より)

不景気でも順調。金融危機以降、ビリオネア層の金融資産は、2倍以上に。