9月は株式市場が最も弱い月

■時々クリックして応援いただけると嬉しいです⬇

→ <人気ブログランキング>

米国ダウ平均株価は、6月に下げ、7月に上昇し、8月に再度下げを経験しており、9月に入ってからもいまいちな状態が続いていますが、米国の過去の相場を見てみると6月の下落や7月の上昇や8月の下落というのは、平均的なパターンだとも言えます。

米国ダウ株価推移

また、chartoftheday.com(最上位図)による1950年から現在までの月間平均株価推移を見てみると9月は、平均 -1.0%近くの損失となっている事がわかります。

平均値のため、この通りなるという事ではないわけですが、「平均値」というのが、1つの参考指標になり得ることもあるので、ピックアップしてみた次第です。

■関連記事

米国10年債の金利は上昇中。でも、チャート想定内。

日本の政府債務残高が、6月末に1,000兆円突破!

 

■時々クリックして応援いただけると嬉しいです⬇

→ <人気ブログランキング>