whitehouse.gov

出典:whitehouse.gov

製造業における一週間の平均就労時間が、3月には、42時間になりました。これは、1945年7月と並び、過去68年間で最高の水準となっています。

2013年11月にも42時間に達しましたが、その後、12月、1月、2月と低下していました。

12月〜2月の低下は、季節要因によるところが大きかったと言われており、春の到来と共に就労時間が大幅に回復したことからもその通りだった可能性が高そうです。

過去には、これほど就労時間が長かった時期に不景気となったことは、一度もなかったため、当面の間は、景気は、後退しないだろう、とホワイトハウスの経済アドバイザーの会長であるジェイソン・ファーマン氏は、述べています。

また、ノーベル経済学賞の受賞者であるロバート・シラー博士もファーマン氏の見解に賛同のしており「このチャートは、当面の間は、不景気には、ならないだろう、ということを示唆している」と自身のツイートで述べています。

スポンサーリンク