エクソン・モービル

ウォーレン・バフェットが率いるバークシャー・ハサウェイが、SECに提出した13-F Filingnによれば、バークシャー・ハサウェイは、エクソン・モービル株を40,089,371株取得しました。

申請時の時価で約34億4,900万ドル(約3,449億円)の購入となり、エクソン・モービルの約1%を保有する事になります。


エクソン・モービルを見てみると過去40年間以上、基本的に株価は、安定上昇しているのが、わかります。

エクソン・モービルの過去40年間の株価推移

エクソン・モービルの過去40年間の株価推移

出典:Yahoo Finance

現在のPERは、12.17倍ですが、直近の時価総額約4,073億ドル(約40.73兆円)に対して純利益は、

2010年末 エクソン・モービル純利益304.6億ドル(約3兆460億円)

2011年末 エクソン・モービル純利益410.6億ドル(約4兆1,060億円)

2012年末 エクソン・モービル純利益448.8億ドル(約4兆4,880億円)

と順調に伸びている事を考えるとやや割安感がありますね。

しかし、バフェットは、「買うタイミングの天才」というよりは、

●長年安定成長し続けられる素晴らしいビジネスモデルと素晴らしい経営陣を有する銘柄を発掘する力

●素晴らしい銘柄を持ち続ける力

これらが突出していたためバークシャーを世界的な投資会社へと成長させていけたと言われているので、エクソン・モービルに関しても「どれだけ持ち続けるのか」という点に興味がそそられますね。


■関連記事

「質の低い経営陣のいる会社は、安くても買わない」というのが、ウォーレン・バフェットの方針

ウォーレン・バフェットの名言:一生学び続ける事が大きな競争優位性になる