ビットコイン

出典:Wikimedia Commons

フェイスブックの創業物語を元に撮られた映画「ソーシャルネットワーク」で有名になったウィンクルボス兄弟が、Dealbookのカンファレンスでビットコインに対して強気な発言をしました。

現在のビットコイン市場は、約40億ドル(約4,000億円)ですが、兄弟の1人、タイラーが、「今後、強気(Bullish)な見通しとしては、4,000億ドル(約40兆円)になるかもしれない」と発言しました。


ウィンクルボス兄弟は、ビットコインのETFの立上げを今年7月に宣言しており、これからビットコインに投資資金を誘致していこうと考えている模様です。

ビットコインの購入は、まだ障壁が高く、決済用のプラットフォームも整備されていないので、ETFのような投資しやすい形態で投資資金を募っていくことが、大きな資金を呼び込むきっかけとなるはずです。

ウィンクルボス

出典:Wikimedia Commons

投資資金が増えれば増えるほど彼らが既に保有しているビットコインも、今後運用予定のETFも上昇していく事になります。

という事でポジショントークもかなり入った発言とPRですが、フェイスブックの可能性に一足早く気付いていた兄弟が、ビットコインに次に目を向けているという事は、興味深い事だと言えます。


■関連記事

ビットコイン投資への投資を考える。ビットライン価格は、2020年までに1,820ドルになる可能性がある?

投資会社フォートレス・グループの代表もビットコインには、強気。