ウォーレンバフェット

ウォーレン・バフェットが、バークシャー・ハサウェイの株主総会でフォックス・ビジネス・ネットワークのインタビューでIPO株への投資について答えています。

「アリババのIPOに興味がありますか?」と尋ねられたところ、「IPOで最後に買ったのがいつなのか思い出せません。50年間のどこかで買ったことはあったかもしれません。」と返答をしています。

ウォーレン・バフェットは、世界一の投資家として知られていますが、優秀な経営陣により経営され、長年に渡って優れた実績を出してきた優良企業を発掘し、長年持ち続ける投資スタンスを貫くことで知られています。

IPOは、それまで未上場であった会社が証券市場にデビューし、スポットライトを浴びる特別な瞬間ですが、バフェット氏は、そのタイミングで買うということは、特にしてこなかったようです。

それよりも株式公開後に多くの投資家が見守る中、長期間に渡り、際立った実績を挙げている会社を選んで長期保有するという方法を取ってきたと言えます。

スポンサーリンク