アベノミクス

安倍首相が2013年9月26日朝ニューヨーク証券取引所の講演で世界経済回復のためには、3語で十分です、と言った上で「BUY MY ABENOMICS」と説明したところ会場に笑いを得たようです。

映画「ウォール街2」の主人公であるゴードン・ゲッコーの講演でのセリフ「BUY MY BOOK」をなぞる形となりました。


アベノミクスそのものには、海外の金融関係者からも厳しい評価が続きますが、それは、この数十年間で培われてきた日本の人口動態及び財務状況の結果だと言えます。

それを相続し率いる事になった安倍首相としては、最初から打てる手は限られていたと言えます。

日本経済に悲観的な事で知られるヘッジファンド・マネージャーであるカイル・バス氏等は、「あなたが、安倍首相であればどういった手を打ちますか?」という質問に対して「僕ならすぐ辞めるね(笑)」とジョークで話しているくらい冷静に見ると状況は、厳しかったりします。

しかし、そんな状態である国を率いる事になった安倍首相は、日本の歴代首相の中でも相当「活動的」であり、実際に「アベノミクス」「東京オリンピック誘致」といった「わかりやすい結果」を出してきていると言えます。

また、今回のニューヨーク証券取引所での講演も日本株への投資を誘致しようとするものであり、アベノミクスを成功させたいというメッセージは、非常にわかりやすいものとなっています。

現時点では、国民にも安倍首相の振る舞い振りは、総合的に評価されていると言え、支持率も5割以上で推移しています。

いままでの日本の首相は、1年に1回で交代してきましたが、今回は、1年以上の任期となりそうです。

一般的に仕事で相応のポジションに就任してから1年以内に「わかりやすい結果」を出すのは、かなり難しかったりします。

いままでの日本の歴代首相でも「見える結果を出す前に降格」というパターンが多かったわけですが、安倍首相の場合は、1年間で「わかりやすい結果」を出してきた点は、いままでと違う、と言えそうです。


■関連記事

消費税、2014年4月に8%に増税決定。消費税増税でプライマリーバランスは、黒字化されるのか?

映画「ウォール街2」に見るマネーの流れ。ゴードン・ゲッコー(Gordon Gekko)のお金の使い方。

BNPによれば、アベノミクスが40%の確率でもたらすのは、マイナス金利の世界。