世界最大のインターネットオークション会社eBayの創業者ピエール・オミダイア

世界最大のインターネットオークション会社eBayの創業者ピエール・オミダイア

エドワード・スノーデン氏からの情報を元にNSAの監視体制を報道した事で世界的に有名になったグレン・グリーンウォルド氏は、今週を最後に英ガーディアンから独立し、自身のインターネットニュース事業を立ち上げる見込みです。

ニュース事業を立ち上げるのに必要な出資額は、イーベイ(eBay)の創業者としてビリオネアとなり、現在は、慈善活動家として知られるピエール・オミダイア氏から受ける予定だそうです。


ただ、グレン・グリーンウォルドが、POLITICOに伝えた内容によれば、グリーンウォルドがブラジル在住という事もあり、2人は、未だに対面で会った事はなく、電話でやり取りをしてきたそうです。

今回は、グレン・グリーンウォルド氏の新事業に2億5,000万ドル(約250億円)以上の出資を予定しており、ちょうど、ジェフ・ベゾスがワシントン・ポストを買収した金額と同等なので、読者へのメッセージ性のある出資だと解釈できます。

日本企業では、出資関連の打ち合わせは、「人物確認」の一貫として何度も必要となるもので「電話だけ」というのは、「論外」となりますが、国や階級を超えると常識も変わり、ピエール・オミダイア氏の場合、「電話で十分」と判断したようです。

立ち上げる予定のニュースサイトでは、グレン・グリーンウォルド氏の目に適ったジャーナリストのみをリクルートしていく方針という事なので、どのようなサイトに仕上がっていくのかに期待が集まります。


■関連記事

エドワード・スノーデンをスクープしたグレン・グリーンウォルド記者が英ガーディアンから独立

エドワードスノーデンの報道をしたグレン・グリーンウォルド氏の相棒が空港で一時的に身柄拘束及び所持品の没収に。