GoPro

出典:GoPro.com

スキーやサーフィン等スポーツを楽しみながら動画を撮るするのに最適なアクションカメラとして知られる「ゴー・プロ(GoPro)」が、2014年2月7日にIPOの申請をしたというプレスリリースが、PRNewswireから発行されました。

「ゴー・プロ」の創業者兼CEOであるニック・グッドマン氏によれば、「ゴー・プロ」の母体であるウッドマン・ラブス・インク社は、2012年に230万台のカメラを世界中で販売し、売上高は、5億2,000万ドル(約520億円)以上あったそうです。

GoPro

出典:GoPro.com

また、創業当初から黒字で推移していたとのとの事です。


グッドマン氏によれば、同社は、今後もユニークな撮影の世界のデファクトスタンダードを目指してくとしています。

同社のカメラは、199.99ドルから購入が出来て、安い割に高品質な上、「史上最小」「史上最軽量」で装着や持ち運びも楽なので、世界中で売れているというわけです。

「ゴー・プロ」は、2004年に初の市場にデビューしてから10年近く展開していますが、フェイスブックページでも700万件以上のいいね!がついており、熱狂的なファンも多いブランドなので、今後、IPOが承認されれば、注目が集まりそうです。


■関連記事

シャッターストック(Shutterstock.com)が、第三四半期決算を発表。好調。