ハーバルライフ

ネットワークマーケティングという販売手法で健康関連製品を世界80カ国で販売するハーバライフ(NYSE:HLF)が決算を発表しました。内容は、好調でした。

  • 第二四半期の業績は、昨年対比14%増
  • 第二四半期の調整済みEPS1.41ドルは、昨年対比29%増
  • 2013年の年間EPSは、4.83〜4.95ドルで着地予定
  • 第二四半期には、2億1400万ドルの営業キャッシュフローを創出。こちらは、昨年対比56%増

今年で15年間連続の流通高二ケタ成長となるそうです。好業績を経て取締役会で1株0.3ドルの四半期配当が決定しました。

地域別に見ていくと全世界では、14%の成長でしたが、新興国の中でも中国の49%の成長と中南米の33%の成長が全体を牽引しているのがわかります。

ネットワークマーケティングの会社は、日本では、「MLM企業」「マルチ商法」として社会的評価が極めて低かったりしますが、米国では、ニューヨーク証券取引所に上場し、6,000億円超の時価総額をつけているのは、興味深いですね。

地域別売上と実稼働セールスリーダーの数(ハーバライフ社IRより):

売上 (百万ドル) 実稼働セールスリーダーの数
地域 2Q’13 昨年対比 % 2Q’13 昨年対比 %
北米 339.9 11 % 72,282 10 %
アジアパシフィック 316.9 1 % 70,802 15 %
EU・中東・アフリカ 179.3 16 % 48,008 12 %
メキシコ 219.9 8 % 62,940 13 %
中南米 222.6 33 % 54,614 30 %
中国 85.9 49 % 14,070 18 %
全世界合計 1,364.5 14 % 311,503 15 %