人生に値段を付ける事はできない、人生は、「プライスレス」、とは言うけど、本当にそうなのか?というのを掘り下げてみた動画が話題となっています。

動画を作成したBuzz Feedによれば、人生の価値は、行くところによって様々、との事です。

例として挙げられているのは、

■保険会社にとっては、50,000ドル(約500万円)

■暗殺者にとっては、約13,000ドル(約130万円)

■人体パーツをまとめて売った場合は、合計500,000ドル(約5,000万円)

・頭皮:607ドル(約6.07万円)

・肩:500ドル(約5万円)

・心臓:119,000ドル(約1,190万円)

・お腹:508ドル(約5.08万円)

・手:385ドル(約3.85万円)

・皮膚:3.94ドル/cm(約394円/cm)

・血液:337ドル/450mL血液(約3.37万円/450mL)

■戦死した場合、遺族が受け取る額は、500,000ドル(約5,000万円)

■精子や卵子バンク(ただし、アイヴィー・リーグ卒の高学歴な精子・卵子は、もっと高い)では、

・精子:100ドル(約1万円)

・卵子:10,000ドル(約100万円)

■怪我をしない事の潜在的メリットを説くために米国運輸省が毎年つけている人命の価値は、910万ドル(約9億1,000万円)

という事で人生の価値も評価する人の立場によって随分と変わってくる、という事ですね。

また、これは、世界一の経済大国であるアメリカの話ですが、国によっても人生の価値というのは、随分と変わってきそうです。


■関連記事

ジャン・クロード・ヴァン・ダムの開脚をチャニング・テイタムが、パロディーで再現!既に300万回以上再生!

ジャン・クロード・ヴァン・ダムの脚は、53歳になってもかなりフレキシブル。